仕事・駐在・出張

執筆者: jakameshi

東南アジアでの仕事と生活を通して得られた5つの経験的メリット

2018/02/01

先日こんなニュースを見ました。

「若者のパスポート取得費用を助成、成田空港と日本旅行業協会で1万円」

このニュースに象徴されるよう、昨今は「日本人よ、海外へ出よう」という風潮が非常に強いですね。

一方で、堀江貴文さんが下記書籍で書かれたように、「別に世界に出なくてもいい。ネットのおかげでどこの情報でも手にはいるようになった。ただし、興味を持つことは重要。」という方もいます。

筆者は実際に海外に出て住んでみる(さらにサラリーマンやめて自分で事業やってたりする)、という選択肢を取った口です。

敬意は省略しますが、筆者はインドネシアの首都「ジャカルタ」という街に住んでいます。いわゆる発展途上国です(最近では新興国とも呼ぶ)。

それまでは外資系企業で一瞬働いたことはあれども、外国人と仕事をしたことも無かったし、海外に住んだことも無し。よくある話ですが10年前には海外に自分が飛び出すなんて思いもしませんでした。いわゆる超典型的な島国型日本人でした。

それでも一度きりの人生ですから、飛び出したかったんですね。やらない後悔よりやってしまった後悔の方が良い、というやつです。

常識人に言わせれば「無理しすぎでしょう」という状況でしたし、案の定「収入」もサラリーマン時代の方が高かったしまだまだ越せていない。

ただ不思議と後悔はしていないんですね。飛び出してよかったと思っています。

また、やはり「住むことでしか感じられないこと」というのもあります。

今回は実際に海外、且つ東南アジアに住み着いてみて感じた「経験としてのメリット」を振り返ってみました。

「生活コストが安いからお金がたまります」というよう話ではなく、「経験」としてのメリットに絞ります(実際は新興国と言えどもけっこうお金がかかります!)。

 

英語コンプレックスが消える

meeting-106591_640

使う頻度が増えるから上達して平気になる、という話ではありません。

東南アジアで仕事をしていると、仕事で出会う方のほとんどはローカルの人々です。また、海外から来ている人たちも英語が母国語では無い方が非常に多いです。

もちろん、前者も後者も双方英語を話しますが、全員が全員流暢なわけではありません。また、実際に会話で使う英語は日本の高校英語レベルで十分だったりします。

バカみたいな話ですが、筆者は日本を出るまで「外国人=みんな英語ペラペラ」という図式を持っていました。ペラペラじゃなければこちらも話す資格が無い、というか…。世代的にアメリカナイズされていたのでしょうかね。外国観光客も来ないような田舎出身ですし、古いタイプなのでしょう。

でも、実際東南アジアの現場ではそうではないことも多い。

そもそも現地の標準語が英語ではないので当の英語ネイティブも大変苦労していたりします。それに対して現地語で気負いなくガンガン話しかけるインドネシア人のたくましいこと。でもそこからお互い片言の英語とインドネシア語を織り交ぜて最終的にコミュニケーションが成立していたり。

なんだかそういう世界にいると、今まで怖気づいていたのがバカみたい、というか、すごく損をしていたんだなと感じました。

英語は国際共通語ですのでそりゃあペラペラであるに越したことはなく、実際インドネシアのエリート層では驚くほど流暢な英語を話す人もいます(いや、これほんと恐ろしいレベル)。

ただ、英語圏以外に出てくる場合は必要以上に恐れて怖気づく必要もないと思うんです。

英語が苦手な外国人は自分だけではなく、その前提の中でどう補うか、という思考が普通になりました。

(でも語学力向上の努力は大切!という原則はお忘れなく!)

 

日本を客観的に捉える機会が増える

japan-1460334_640

日本国内に住んでいても情報ソースを広げて日本を客観的に見ている人たちはたくさんいます。彼らは主体的に視点を取りに行っていますが、実際に現地に住むと平々凡々と過ごしていても日本という国を考える機会が増えます。

現地のインドネシア人含め、他国の人と仲良くなると「日本ってこうだよね」とか「なぜ日本ってこうなんだ?」という流れに必ずなります。まずその時点で日本が他国からどういうイメージを持たれているのかを知ることができます。

また、その時の自分は相手にとって紛れもなく「日本代表」です。この一言が国際問題に……とまではいきませんがそれなりに真剣に考える癖がつきます。そしてその質問の角度が思わぬところから来ることが多いのなんの。回答に困ることも多々。でもどんな角度から話が来たにしろ、それも紛れもなく日本のイメージなんです。

ちなみに筆者が今までインドネシア人から聞かれて最も焦った質問は、「なぜ日本ではアダルトAV産業があんなに盛んなのか?」という内容です。パートナーの弟に超真顔で質問されて大変当惑したのも、今となっては懐かしい記憶です。皆さんならどう答えますか?筆者の回答は秘密です。

 

今までと違うタイプの日本人に出会える

directory-281476_640

筆者が日本を飛び出す前に、留学組の友人に言われたのが「出会う人種(国籍ではない)が変わる」ということでした。まさにその言葉通りで、日本人同士でも出会う人種が大幅に変わりました。

海外に飛び出す日本人というのは、経緯はともあれ大多数の日本人と比べるとたいがい変わった人が多い。

駐在歴が長いベテラン駐在員の方も面白いのですが、さらに印象的なのは現地で事業展開する起業家や、現地永住の日本人たちです。

まず「起業家」ですが、アジアの起業家には2種類あり、「まっとうなタイプ」「山師的なタイプ」がいます。さらに細分化しており「成功した人」「失敗して沈没した人」の4象限に分かれますが、いずれの人種も出会う価値あり。特に「山師」×「失敗して沈没した人」は闇が深い(これは偏見ですがカンボジアに多くいる”いた”イメージ)。

また「現地に永住している日本人」の方々もユニークです。

永住というからにはすでに2~30年こっちにいる人もいたりして、永住しているくらいなのですでに現地国籍を取得していたりします。もちろん見た目も話す言葉も日本人なのですが、中身は外国人になっているというか。間違いなく言えるのは日本にはまずいない(収まりきらない?)タイプの人多い。日本では出会えない「日本人の多様性」を垣間見ることができます。

 

失敗に対しておおらかになる(完璧主義が消える)

smile-191626_640

インドネシアだけの話ではないと思いますが、東南アジアの現場ではまず日本の常識通りには物事は進みません。ビジネスだろうがプライベートだろうが、「品質」、「納期」、「約束反故」などトラブルは尽きません。

トラブルの原因は様々で、「プロフェッショナリティやホスピタリティのが不足」ということもあれば、単に「文化が違う」ということもあります。

前者の場合は想像しやすいと思うので説明はしません。後者の場合は、例えば「うまくいってないことをボスに報告するのは申し訳ない」という「逆ホウレンソウ価値観」だったり、公私問わず「多少遅れるのはインドネシアだから仕方がない」という「ゴム時間」的な考え方だったり。

(でも、いかなる理由にせよ数時間遅れたり、連絡しないでキャンセルというのは完全に悪癖であると筆者は思う…)

まぁ原因は多々あれど、とにかく思い通りには進みません。

それが積み重なるとどうなるか?

人に寛容になりました。

相手に対する諦めと言ってしまえばそれまでなのですが、良き解釈をすると「他責ではなく自責」になったとも言えるかもしれません。

また、「物事が完璧に進むことはない」ということが刷り込まれたので、6割の段階でどう進めるのか?を考えられるようにもなったかもしれません。

品質や時間管理に妥協するようになれば、日本人としての良き面を失ってしまいますが、相手に寛容になれた分にはプラスなのかなと思っています。

 

日本人として生まれたことの幸運が腹オチする

luck-1169475_640

なんだかんだで筆者が東南アジアで生活して一番大きかったのはこの項目です。日本という生まれ育った環境を離れることで、いかに自分が恵まれていたのかを知ることができました。

この時代に日本人として生まれたのは幸運以外の何物でもない。本当に両親に感謝です。こまごましたこともあるのですが、・大きくわけるとこの3つです。

  1. ポジティブな先行イメージがある、という幸運
  2. どこにでも行ける、という幸運
  3. 勉強できる、という幸運

ポジティブな先行イメージがある、という幸運

pinky-swear-329329_640

他国はわかりませんが、インドネシア人は自動車をはじめ日本製品に対して非常に距離が近い。そして日本の工業製品は素晴らしい、というイメージを持ってくれています。また、仕事においても「意思決定は遅い」が「約束を守る」というポジティブイメージもあるようです。そのため日本人というだけで少なくとも門前払いされたりすることはほとんどありません(少なくとも筆者はなかった)。

だからといってビジネスの結果が出やすい、というわけでもないのですが、極端な話、例えば自分がイメージのなかなかわかない南米やアフリカのどこかの国から来ていたらどうだったのでしょうか?

うーん、やっぱり周りの態度は変わるんじゃないだろうか?

過度に「日本人は優れている」と勘違いすると危険ですが、少なくともインドネシアにおいては日本に対しては一定以上の良いイメージがあります。これは両親世代はじめ先人への感謝以外の何物でもない。ものすごいブランド資産だと感じています。

 

どこにでも行ける、という幸運

word-cloud-913314_640

これは単刀直入に言うと金銭的なアドバンテージのことです。

所帯を持ってくると色々と変わってきますが、少なくとも独身で若いうちは日本人の所得があればどこにでもいけます。新興国と比べると日本はライフコストが高いけど、その前に絶対的に得られる所得額が大きいです。

月給の5%を貯金したとして、5%の額が全然違うんです。特別な事情でもない限り、生活切り詰めた上で副業でもすれば貯金はできます。そしてそのお金を使ってひとっ飛びでどこにでも飛び立つことができる。

東南アジアは経済成長してきている、とはいえこれからのエリアなので、中間層以下はまだまだ「できないこと」も「行けないところ」も多いです。超富裕層が一部増えてきていため、平均化したGDPだけだと高めに見えるかもしれませんが、数字で見えるイメージよりも実生活はもう少し低いところにあるような印象を持っています。新興国の場合はそもそものデータが間違っている場合もあるので、実際に目で見ることも重要。

筆者が高校生の時、飲食店のアルバイトで月給5万円程度を得ていましたが、この金額はインドネシア人の大卒がフルタイムで働いて稼ぐ初任給以上の額です。

筆者がインドネシアまで自己資金でやってこれたのも日本に生まれて働いていたからです。インドネシアの中から逆にそれをやろうとしても、金持ちの家系に生まれ落ちでもしない限りはできません。

さらに、日本人はビザが比較的取りやすく、観光程度であれば必要ない国も多くあります。筆者はパートナーがインドネシア人すが、彼女の話を聞く限りはインドネシアから海外を訪れる際は面倒な手続きが必要な国も多いそうです。

筆者のような「ごく普通の一般人」が余剰所得で世界中行く気になればどこでも行ける、ということは限られた国でしか得られない幸運だと思っています。

 

勉強できる、という幸運

open-book-1428428_640

筆者は今はなき祖母から「昔は勉強したくてもできなかった」という言葉を何度も聞いて育ちました。でも、子供の時は正直ピンと来なかったんですよね。大人になってわかったつもりになってはいましたが、東南アジアで生活してやっと腹オチしました。

筆者はインドネシア含め東南アジアは視察でほぼ見ていますが、これは新興国では現実問題として多々あります。

まず金銭的な問題で勉強できない人たちがいます。学校へ行かずに働かなければならない子供も少なくなく、お金がなくて小学校しか行けなかった、という人もいます。

仮にある程度の金があり、一定の教育を受ける機会を得たとしても、別の問題もあります。それは「母国語で取得できる情報が限られる」ということです。

筆者が聞いたのは医学部卒の方とマーケティング専門課程卒の方(双方もちろんインドネシア人)。両者ともに「授業もテキストも完全に英語」だったそうです。超グローバル予備軍だなぁ、と思って関心していたところ、そういう目的も確かにあるのですがメインの理由は「そもそも母国語でテキストがないし、翻訳されるのを待ってたら専門家になれないから」ということでした。

医学の話は門外漢なのでちょっとわかりませんが、マーケティング系書籍に関する限り、日本の場合は世界で話題になった本があれば割とすぐに日本語版として翻訳されて手に入りますよね。インドネシアだとそうはいかないようです。

また、本屋で積まれている本の量もインドネシアと日本では桁違いです。

「得たい知識があれば、少ない投資でいつでも得ることができる」ということのなんと素晴らしいことか。

そういう意味では英語圏の人間が最強(勉強だけじゃなく、デフォルトで世界中と議論もできますし)ですが、日本語のようなたかだか1億人しか話す人がいない言語で何でも情報が手に入るというのは、それだけで実はすごいことなんです。

少し脱線しますが、そんな環境から上り詰めてくる一部のインドネシア人たちは本当にすごい。ジャカルタには英語がペラペラで専門知識もあり、さらにアグレッシブで野心もある若者が少なからずいます。

彼らを見ていると自分も負けてられないなぁ、といつも感じます。だいぶ年齢は違いますけどね。

 

最後に

こうやってあらためて書いてみると、日本では得難い経験をさせてもらっているなぁ、としみじみ思います。筆者は人生でチャンスがあれば何でも体験してみたいクチの人間ですが、そうではない性格の方だとしても海外へ一度飛び出してみることを推薦します。

特に若い方は時間も体力もあり、背負ってる物が少ないうちに行っておいた方が良いですよ(笑)。例え数カ月のステイだったとしても、海外に住むという経験はあなたの人生観を広げてくれるはずです。

あー、なんか最後の一文、すごいオッサンっぽくなってしまいました…。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スマホ用広告スペース

スマホ用広告案内

Adsense

こんな記事も読まれています!

-仕事・駐在・出張
-, , ,