仕事・駐在・出張

執筆者: jakameshi

【ジャカルタ出張者必見】日本人管理のサービスアパートメントはどこまで融通がきく!?長期滞在もできるARCSでわがまま放題してきた

2018/02/01

ジャカルタ出張の際はホテルに泊まる方が多いと思いますが、サービスアパートメントという選択肢もあります。

ジャカルタのサービスアパートメントは簡単に言うと「身の回りの世話もしてくれるアパート」。お掃除や洗濯のサービスが付き、場合によっては食事の面倒まで見てもらえる宿泊施設です。

基本的に外国人の利用者が多いため、日本にいるとあまりイメージが湧かない方も多いのではないでしょうか?

今回、日系サービスアパートメントのARCS(アークス)さんからご協力の話をいただき、実際に宿泊しながらサービスアパートメントのイメージを伝えつつ、さらにせっかくなので日本人管理ならではの魅力をお伝えします。

その前にそもそもARCSって何?

今回面倒を見ていただくのはジャカルタのサービスアパートメントARCSを管理するメゾンマップの坂井さん

こんにちは!今回はお世話になります!

こちらこそ、よろしくお願いします。

今回はサービスアパートメントを知らない方にもイメージを伝えていきたいのですが、まずサービスアパートメントについて簡単にご説明いただけますか?

サービスアパートメントについてはよく「ホテル」と「アパート」の中間、と説明されます。炊事洗濯掃除など家事全般のサポートがついた「アパートで生活するように滞在できるホテル」というイメージです。

それ便利すぎますね。「生活するように滞在」となると長期滞在の利用者が主に使う施設なんですか?

長期で数週間~数カ月滞在される方が確かに多いですが、短期出張で利用される方も少なくないですよ。ホテルよりも肩肘張らずにリラックスできる、という声が多いです。

ARCSは日本人管理物件かと思いますが、日本人ならではの特徴はあるんですか?

そうですね、お掃除や洗濯などのサービス品質も売りですが、具体的な話だとたとえば和食中心の朝食メニューが毎日日替わりで100食あります。

100食はすごいですね。ホテルだとブッフェ形式とは言え、同じ内容だと2日食べれば飽きますからね。

そうなんです。朝食は非常に好評です。あとは「洗濯無制限」の部分ですね。通常だと「一日4ピースまで」など決められていることも多いですが、ARCSは無制限です。

それは便利ですね。私が以前コス(インドネシアの下宿みたいなもの)に住んでいた時、まさに「4ピースまで」でして。「今日のBEST of 汚れもの」を厳選するのが面倒でしたね。下着を洗うべきか、ズボンを洗っておくべきか…みたいな。

ARCSだと全部洗えます。他にも細かいことはあるんですが、やはり日本人が管理しているということで「いろいろと融通が利く」というのが一番かもしれませんね。

なるほど、融通ですか。お客様のわがままにも対応できるってことですね?

ホスピタリティで対応できる範囲なら対応します。一度体験されてみますか?

ぜひ!

 

ということで、せっかくなので「日系のサービスアパートメントってどこまで融通きくんですか?」という少し斜めな視点で宿泊体験してきました!

 

今回宿泊した施設はこんな感じ!

今回宿泊させていただいたのは「ARCS BLOK M3」。PAKUBUWONOというジャカルタの日本人街ブロックMから少し北西に移動したエリアにあるゲストハウスです。

なんと、入口が鳥居。細かいですね。

施設の中身を先にご紹介します。

 

食堂に漫画にDVD、中は日本の雰囲気

中に入るとまず目に入ってくるのが食堂です。

こちらで朝食や夕食をいただくことになります。

こちらの写真は到着時にいただいた夕食(夕食は要事前予約、オプションで80,000 IDR、一週間分まとめると420,000 IDR)。

館内にはプチ日本庭園があり鯉がいます。

そして個人的に破壊力抜群だったのは大量の漫画とDVD。

このようなスペースが館内に数か所あります。

しかも漫画の中身は「幽遊白書」的な「王道路線」から「カイジ」とか「ナニワ金融道」などの「マニアック路線」まで。アラサー以降の世代に絶妙にマッチするセレクションがたまりません。

 

天井が高い!上質なワンルーム

お部屋は「上等なワンルーム」といった雰囲気。充分な広さがあり収納や作業スペースも豊富です。

日本のテレビもリアルアイムでばっちり映ります。浦島太郎にならなくてすみますね。

セキュリティボックスはもちろん完備。

素敵なことに、部屋の天井がかなり高い

この開放感はかなり大事です。

ちなみに筆者が宿泊した部屋はカーテンを開けるとすぐにプールに出れます。

朝起きて30秒でプールに出れるというのはかなり贅沢ですね。

 

バスタブ!そして枕!

個人的に「これは!」と思ったのがこちら。

なんと、バスタブに枕(ヘッドレスト)が!これこそ風呂を大事にする日本人ならではの心遣いでしょう。使い心地は後ほど。

 

どこまで柔軟にやってくれる?わがまましてみました

さて「日本人経営ならではの融通」ということですが、どこまで柔軟にわがまま対応してくれるのでしょうか?

利用者を代表してわがまましてみたいと思います。

 

その1:自慢の朝食にわがまま

ARCSって朝食が自慢なんですよね?

そうです。無料朝食付き、100日泊っても飽きない和食中心のメニューレパートリー。それに栄養バランスもよく、ボリュームもしっかりあります。

すごい魅力的ですね……うん、魅力的なんですが……私…胃弱で最近朝が食べられないんですよ。

え…そうなんですね。

ちなみになんですが、朝食を弁当にしてもらうことって可能なんですか?昼飯としてなら美味しく食べられるなぁ、と。

あ、それは可能ですよ。

え?もしかして余裕ですか?

弁当は余裕ですね。むしろ通常サービスとして対応可能です。

 

ということでお願いしてみたら、朝にしっかり用意されていました。

うむむむ、ホテルではこれはなかなかできないでしょうね。

無理言ったらやってくれるかな?と思っていたのですが、通常サービスに含まれているとは思わなんだ。

ちなみにさすがに朝その場で「ごめん!今すぐ弁当に!」は厳しいようで、前日中にスタッフに伝えるのがベターです。実の母親に頼む場合でも朝にいきなり「今日運動会!」と言っても弁当対応してくれないですからね。

うん、でもまぁ当日でも時間があればやってくれなく無さそうな気もしますが(※)…筆者は約束できません。

※到着した夜に予約無しの夕食をスタッフに甘えてお願いしたら作ってくれました。

 

その2:洗濯物でわがまま

洗濯物が毎日無制限ってあまり聞いたことが無いですよね。

そうですね、他社さんでも聞いたことはありません。

ちなみに無制限ってどれくらい無制限なんですか?

無制限って…無制限です。長期で滞在される方もいますし、国内出張や一時帰国帰りだと洗い物溜まっている場合も多いでしょうから。

なるほど……家から洗濯物持ってきてもいいですか?

全然構いませんよ。

 

ということで、出張者の方にはあまり関係ないかもしれませんが「無制限さ」を試すために自宅から洗濯物を持参しました。推定3日間分。

洗濯物を出す際にチェックシートに記載をします。記入後のシートがこちら!

17ピース!

なかなかの負担になる量です(笑)

朝のうちに部屋の洗濯かごに投入しておきます。

そして夜に部屋へ戻ると…

完璧ですね。

しかも嬉しいのは「洗剤の臭いがきつすぎない」ところ。インドネシアの洗濯洗剤って非常~~~~に甘くて強い香りが多いのですが、これは適度な香り。この辺りの細かい部分がけっこう嬉しかったりします。

 

その3:風呂でわがまま

日本人といえばお風呂。バスタブっていいですね。しかも枕がついてるバスタブなんて最高じゃないですか。

ありがとうございます。日本人のお客様がほとんどなのでお風呂は大事ですからね。

温泉出ますか?

出ないです。

出せますか?

いや…それも無理です。

そうですか…さすがに無理ですよね。大量に洗濯物持ってきたので肩が疲れちゃって。温泉が出れば最高なんですけどね。

温泉の元ならありますよ。

え!?それはかなり嬉しい!!もしかしてこれも定常的に?

さすがにこれはいつもは無いんですが、あったり無かったりですね。長期滞在のお客様が残していってくださったり。今回はオーナー私物です(笑)

柔軟性高いですね(笑)

ということで登場したのがこれ。

これぞ日本の家庭の風呂。バスクリン。

蛇足ですが筆者の家にはバスタブがありません。心と胸が躍ります!!

待ちきれずに湯を張る前にバスクリン投入してしまいました。

話脱線しますが、インドネシアではホテルやサービスアパートといえども給湯設備が弱いこともあります。

以前インドネシア国内旅行をした際、わざわざバスタブ付きの部屋を選んだのに「お湯が途中で水になる」事態が発生…。なくなく風呂をあきらめてプールとして楽しむ、という苦い思い出がありました。

ところがどっこい、ARCSお湯の力半端ないですね。お湯の温度も水量も抜群です。

あっという間に15分後。

ここは日本か。

バスクリン最高です。そしてバスタブ枕も最高。

 

その4:夜にわがまま

バスクリン最高でした。ぜひ定常サービスに入れてほしいですね。

上司に提案しておきます。

日本企業っぽい(笑)。ところで、これはわがままと言うんですか、なんというのか。気になる方もいると思うので聞いてしまいますが、異性を連れ込むのってアリなんですか?

他のお客様の迷惑になるからそれはダメです。正式な奥様や旦那様であれば事前申請が必要ですが大丈夫です。

もうすぐ結婚します。

うーん、結婚されていないのであればちょっと…

さすが日本人管理ならではのセキュリティ。

合コンとか飲み会とかなら大丈夫ですよ。

そんなスペースあるんですか?単身用サービスアパートメントなのに?

パーティー用の専用スペースというのは無いんですが、キッチンをお貸しすることはできますし、ミーティング用ルームがあるのでそちらを部屋として使っていただいて構いませんよ。もちろん他のお客様のご迷惑にならない範囲でですが。深夜0時からの飲み会とかは厳しいですね。

大丈夫、深夜0時からの飲み会は私も体力的に厳しいです(笑)

ということで、実際にパーティーはしませんでしたが、本当にやっても問題ないそうです。

ちなみにキッチンはこちら。

普段大量の朝食を作っているだけあり、機能はかなり充実した調理場です。

そしてミーティングスペースはこちら。

なぜかキーボードがありますね。

合コンというより集団見合いみたいになるかもしれませんが、確かにキッチンと会議室があれば色々な使い方ができるかもしれません。

キッチンで料理しなくともオードブルを取ったりなど、その辺のサポートもしてくれるそうです。

 

まとめ

以上のように色々とわがまま言わせてもらいましたが、さすが日本人管理(※)。想定しうる状況にはだいたい対応してもらえそうな雰囲気ですね。

※ARCSには日本人スタッフが常駐しているわけではありませんが、カウンターからいつでも問い合わせが出来ます。

最後の合コンや飲み会はともかく、それ以前のリクエストはけっこうありそうなものじゃないでしょうか。

いやーしかし実際に2日間宿泊したのですが、サービスアパートメントは思った以上に快適でした。

ホテル滞在に飽きた方、日本的な生活をしたい方、また中期や長期で滞在される方はサービスアパートメントへの宿泊も良いかもしれません。

ARCSさんは今回宿泊させていただいた場所含めジャカルタ市内に4つの施設を展開されています。

1泊450,000 IDRから可能ということで風呂や朝食などを考えると良心的な価格です(あと漫画とDVD)。

ちなみに…

【特典】レセプションでチェックイン時に「じゃか飯見たよ!(※)」と伝えるとビンタンビール2本プレゼント (※)一応…インドネシア語だとサヤ ムリハット ジャカメシ…です。 

の特典もいただいたので是非ご利用ください!

ジャカルタ滞在予定がある方はぜひ公式サイトをチェックしてみてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スマホ用広告スペース

スマホ用広告案内

Adsense

こんな記事も読まれています!

-仕事・駐在・出張
-