旅の楽しみ方

執筆者: jakameshi

ジャカルタ観光でお土産が揃う大型ショップ2店

2018/02/01

観光にお土産は付きものですが、どこに行けばいいの?という方も多いでしょう。

ジャカルタにはインドネシア中から物が集まっているので、あらゆるインドネシア土産を買うことができます。

しかし、細かく色々なお店に行くには時間が無いこともあるでしょう。また、渋滞も怖いですよね。

そのような場合は大型のお土産ショップが便利です。

ここでは一般的なインドネシアお土産を買い揃えることができる、ジャカルタ中心部にある大型お土産店を2つご紹介します。

洗練されたハイセンスなお土産が揃うアルンアルン

一つめのお土産屋はジャカルタ中心部にある巨大ショッピングモール「グランドインドネシア」内にある「アルンアルン(ALUN ALUN)」というお店です。

アルンアルンにはインドネシア中からセンス溢れる民芸品や食品が集まっています。

インドネシアを代表するトレンド発信ショッピングモールの中にあるだけあり、店内にはそのセンスが光ります。

店内は広々としており、快適にショッピングが楽しめる。

ワンフロアの半分程度の面積がお土産品で埋めつくされており、インドネシアの雰囲気が漂うコスメアイテムから民芸品、ファッションアイテムなど様々な物が揃います。

インドネシアでも有名な化粧品会社のアイテム。

インドネシアの植物を使ったダイエットサプリなんかも。

こんな本気の民芸品も購入可能。

中でも便利なのが店内の奥にある「コーヒー&お菓子売り場」です。小さなスペースですが、インドネシアを代表するお土産の一つ、コーヒーが「小分け」になって売っています。

沢山の人にお土産を買う必要がある場合はこのコーナーが非常に便利です。

インドネシアの伝統的な柄を使った布箱に小分けにされたコーヒー。

木箱タイプもある。

ちなみに、ある程度まとまった大きさのコーヒーを買う場合は、アルンアルンではなく同じグランドインドネシアモールの地下にあるスーパーマーケットで購入した方が安く買えます。

店名 アルンアルン(ALUN ALUN)
住所 Grand Indonesia, Grand Indonesia West Mall Lantai 3,
Jl. Mh Thamrin Kav. 28 - 30, Menteng, Kb. Melati, Kota Jakarta Pusat
電話 +62 21 23580890
開館時間 10:00-22:00
Web http://www.alunalunindonesia.com/corporate.asp?page=1&menuid=3

グランドインドネシアについては下記の記事もご参照ください。

ジャカルタ観光で立ち寄りたいショッピングモール5選

 

とにかく巨大なお土産専用ショッピングモール、パサラヤ

もう一つご紹介するのは、日本人の歓楽街としても知られるブロックMエリアにあるパサラヤ(PASARAYA)です。

先ほど紹介したアルンアルンはショッピングモールの中のお店でしたが、パサラヤはショッピングモール全体がお土産で構成されています。

一部を除き、ほぼすべてのフロアとエリアがお土産店です。

インドネシアに自生する植物、アタを使ったバッグ

美しい銀細工。ちなみにインドネシアはアジア内で中国に次ぐ銀生産地。

インドネシア風の現代的なアートも。

中でもパサラヤには、インドネシアの伝統的な衣服であり正装でもあるバティックが豊富に売っています。

フロア一面に広がるバティック売り場。

デザインも豊富で、伝統的なスタイルのバティックから若者風のデザインが施された「モダンバティック」と呼ばれるものまで揃っています。

パサラヤはブロックMバスターミナルの隣にあるのでバスでも来ることができますが、有名な店なのでタクシーで来てしまう方が楽です。

本当にゆっくり回ると半日はかかるため、狙いをある程度絞った上で回りましょう。

店名 パサラヤ(Pasaraya The Pride of Indonesia)
住所 Nusa Indah, Melawai, Kby. Baru, Kota Jakarta Selatan
電話 +62 21 7260170
開館時間 10:00-22:00
Web http://pasaraya.co.id/homepage.php?mall=blokm

 

まとめ

いずれのお店もジャカルタを代表する巨大なお土産ショップです。

ついつい見入ってしまい帰りの飛行機に遅れることのないよう、少し時間には余裕を持たせた方が良いかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スマホ用広告スペース

スマホ用広告案内

Adsense

こんな記事も読まれています!

-旅の楽しみ方