旅の楽しみ方

執筆者: jakameshi

ジャカルタ観光でカフェ巡り!ジャカルタっ子もおすすめのコーヒーが美味しいカフェ5選

2018/02/01

インドネシアは世界第4位のコーヒー豆生産量を誇るコーヒー大国です。

世界中へ輸出をしており、世界一のカフェブランド「スターバックス」でもインドネシア産の豆を使っているほどです。

インドネシア産コーヒー豆は日本でも探せば見つけることはできますが、インドネシア国内販売価格の数倍はします。

せっかくジャカルタを訪れたのであれば現地の本当に美味しいコーヒーを手軽に体験したいものです。

この記事ではジャカルタ在住でコーヒー好きの管理人が現地インドネシア人から聞いたおすすめコーヒーショップを厳選してご紹介します。

どこのお店も本当に美味い。コーヒー好きの方はぜひお試しください。

インドネシアではコーヒー豆ごとかき混ぜて飲む伝統的なスタイルと、我々が普段飲むようなグルメコーヒースタイルがあります。

今回ご紹介するのは後者のグルメコーヒースタイルのお店です。

タナメラコーヒー(Tanamera Coffee)

ルコと呼ばれる建物内で営業し続ける一号店

タナメラコーヒーはジャカルタで最も実力のあるコーヒーショップと言っても過言ではありません。

「ジャカルタで一番美味いコーヒーショップはどこ?」とインドネシア人に聞くと3人に1人くらいは必ず「タナメラ」と返ってきます。

また、2013年創業でありながら2年後の2015年にはメルボルン国際コーヒーエキスポにて、初参加ながら国際コーヒー賞国際焙煎部門で優勝しています。

今では複数店舗を展開し、高級ショッピングモールのパシフィックプレイスなどにもお店がありますが、できれば第一号店を訪ねたいものです。

というのも、第一号店には超巨大な焙煎マシーンがありここで彼らのコーヒー豆が毎日作られているからです。タイミングが合えば素敵な香りに包まれて、新鮮なコーヒーを体験できるかもしれません。

多数のファンが毎日おいしいコーヒーを求めて訪れる。

また、一号店はショッピングモールではなく「ルコ」と呼ばれる昔ながらの建築様式の中で営業しています。ショッピングモールとは異なる普段のジャカルタの顔を見ることができるでしょう。

コーヒーの価格はだいたい一杯25,000~40,000 IDR。おすすめは国際コーヒーエキスポで銀メダルを取った「マラバル・ナチュラル(MALABAR NATURAL)」という豆です。

店名 Tanamera Coffee
住所 Thamrin City Office Park Blok AA No. 7, Jalan Kebon Kacang Raya,
Tanah Abang,Kota Jakarta Pusat
電話 +62 21 29625599
営業時間 7時00分~20時00分
Web http://tanameracoffee.com/

 

ギヤンティコーヒー(Giyanti Coffee)

座席の配置は少し狭いかな

ギヤンティコーヒーはジャカルタのコーヒーショップの中で最も高い評価を得ているお店の一つです。

  • インドネシアっ子がよく使うレストランレビューサイト「ZOMATO」のBest Caféの評価ランキングで1位。
  • 外国人ご用達の旅の口コミ情報サイト「Trip Advisor」Coffee & Teaの評価ランキングで1位。

上記の通りインドネシア人と外国人の双方から支持されています。

このお店は旅行者には少しわかりにくい場所にあります。

メンテンと呼ばれるエリア内にある小さな骨董街沿いの脇道を入ったところにポツンとお店を構えています。

Giyantiの看板です

この看板が目印

店内ではオーナーがインドネシア中を走り回って集めたという「本当に美味いコーヒー豆」を取り揃えています。

コーヒーの価格は30,000 IDRあたりから。

おすすめは「Blue Batak」という北スマトラの豆。海抜1600メートルの高地でバタック族が作り続けてきたコーヒーです。

店名 Giyanti Coffee Roastery
住所 Jalan Surabaya No.20, Menteng, Jakarta Pusat
電話 +62 21 31923698
営業時間 9時30分~17時30分
Web http://tanameracoffee.com/

 

 

アノマリコーヒー(Anomali Coffee)

セノパティ店エントランス。

アノマリコーヒーはチェーン店でありながら本物のインドネシアコーヒーをハンドドリップで入れてくれる稀少なお店です。

ジャカルタのおしゃれエリアであるセノパティ(Senopati)エリア発祥で、現在ジャカルタには4店舗、バリに2店舗を構えています。

タナメラと同じく現在ではショッピングモール内でも見つけることができますが、時間が許すのであれば発祥地でもあるセノパティエリア内の一号店を訪れたいものです。

2階建ての戸建てをカフェ風に改築した、スタイリッシュな雰囲気のある現代的カフェとなっています。

セノパティ店の2F 客席。天井が高くて気持ちが良い。

コーヒーの価格は一杯26,000 IDR から。

シングルオリジン(1種の豆だけで飲むコーヒー)でのアチェ(Ache)とトラジャ(Toraja)がおすすめです。

店名 Anomali Coffee Senopati
住所 Jalan Senopati No.19, Kebayoran Baru, Jakarta Selatan
電話 +62 21 52920102
営業時間 7時00分~23時00分
Web http://tanameracoffee.com/

 

 

セントアリ(St,Ali)

ガレージを改造したようなほのぼのとした雰囲気。

セントアリは厳密にはオーストラリアのカフェブランドですが、ジャカルタでは現地企業と共同で運営されているカフェです。

俗に言うサードウェーブコーヒーの代表格。

ジャカルタではオフィスエリアのクニンガンエリア内、スティアブディワン(Setiabudi One)と呼ばれる商業施設内にあります。

海外のサードウェーブコーヒーと同じく、一杯でそこそこのお値段がしますが連日コーヒー好きのオフィスワーカーで賑わう人気店です。

こだわりを感じさせるシンプルなコーヒーメニュー。

ここのお店ではインドネシアだけではなく世界中から集めた豆を楽しむことができます。

価格は一杯40,000 IDRから。

なかなかのお値段ですが、コーヒーにうるさいインドネシア人を惹きつけ続けるその味は一度体験する価値はあります。

店名 ST ALi Jakarta
住所 Jl. Hr. Rasuna Said Blok Kav No.10, Kecamatan Setiabudi,
Kota Jakarta Selatan
電話 +62 21 52906814
営業時間 7時00分~20時00分
Web http://tanameracoffee.com/

 

 

ディージャーナル(D JOURNAL)

D Jounal のエントランス

グランドインドネシアのGFにある店舗のエントランス。

最後にご紹介するのはインドネシア屈指のライフスタイルプロデュース軍団、ISMAYA GROUPが展開するディージャーナルです。

ISMAYAグループはジャカルタのおしゃれを仕切っていると言っても過言ではなく、様々な飲食業態から音楽イベントなどを手掛けるプロデューサー集団です。

そのISMAYAが仕掛けているディージャーナル。代表的な店舗はジャカルタの代表的モール、グランドインドネシアのグランドフロアにあります。

D JOURNALのコーヒースタンド

すべてのアイテムのセンスが光る店内。

たとえ平日であっても午後となれば賑わいはじめ、夜まで客足が途絶えません。

コーヒーはだいたい30,000 IDRから楽しめます。

丁寧にハンドドリップで入れてくれるコーヒーももちろん美味しいですが、ジャカルタ屈指のおしゃれカフェが作るカジュアルなドリンクを飲むのも面白いでしょう。

店名 Djournal Coffee
住所 Grand Indonesia Mall, Lantai Ground, West Mall, Jl. MH Thamrin,
Thamrin, Jakarta
電話 +62 21 2358 1835
営業時間 8時00分~23時00分
Web http://tanameracoffee.com/

 

まとめ

ジャカルタで生活しているとついついコーヒーにうるさくなってしまいます。それだけコーヒーが日常的に飲まれており、安くて美味しいのです。

複数店舗巡るのは難しくとも、時間が許せばせめて1杯だけでもどこかで楽しみたいものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スマホ用広告スペース

スマホ用広告案内

Adsense

こんな記事も読まれています!

-旅の楽しみ方
-, ,