観光スポット情報

執筆者: jakameshi

ジャカルタにある世界最大級のモスク、イスティクラル

2018/02/01

インドネシアは多様な宗教が共存してはいますが、国民の9割がムスリムです。

その人口は膨大で世界最大のムスリム人口を抱える民主国家となっています。

せっかくインドネシアの首都であるジャカルタを訪れたのであれば、世界最大級のモスクである「イスティクラル」を訪れてみてはいかがでしょう。

世界最大ムスリム国にある世界最大級のモスク

この大きな看板が目印です

ムスリムの方々は教義に基づいて一日5回、聖地メッカに向かってお祈りをします。

お祈りは祈祷室ですることもありますが、多くの場合は「モスク」と呼ばれる祈祷所で行われます。

世界中にあるモスクの中でも世界最大級(世界で3番目に大きい)、東南アジアの中では最大と言われているのがこのイスティクラルです。

1984年に作られた建造物で、なんと中には12万人を収容することができます。ジャカルタの中心部でもあるモナスのすぐ隣にあります。

 

荘厳な雰囲気の祈祷スペース

観光地として有名なこともあり、観光客でも公式に中へ入ることができます。

中へ入る際は靴を脱ぎます。

その後受付へ行きますが、入ってすぐにある受付はインドネシア人用です。外国人用の受付は別室にあり、正面玄関から右側にあります。

外国人用の受付ではノートに名前や出身を書きます。靴もその部屋へ預けます。女性で肌が見えている場合はサロンを着るように促されます。

中を見る際、祈祷スペースへ入って雰囲気を感じてみるのも良いですが、おすすめは祈祷スペースを上から眺める階段を上った中二階スペースからの景色です。

とにかく広い空間に圧巻される。

荘厳な内装、広大なスペース、そして真摯にお祈りする人々が生み出す神々しさを感じることができます。

非常に美しい半円型の天井。

 

広々とした館内巡り

祈祷スペース以外にもイスティクラルの中には広いスペースが広がっています。

案内人が付く場合は連れて行ってくれますが、いない場合でもある程度は自由に見て回っても良いそうです(本施設はイスラム教以外の方にも広く門戸を開いている、と案内人の方はおっしゃっていました)。

向い側にあるカテドラル(大聖堂)とイスティクラル(モスク)の2ショット。

巨大な太鼓。ちなみに触れます。

 

案内人が付く場合も付かない場合も寄付金は必要

一定の参加者が集まっている場合はボランティアガイドさんが館内を案内してくれます。管理人が訪れた際、一回目は案内無し、二回目は多国籍な旅行者と10名程度でプチツアーがありました。

基本的に見学は無料ですが、案内が付いた場合も付かない場合も、寄付金を求められます。寄付金については本当に気持ち程度を支払えばよいですが、迷うのは案内が付いた場合でしょう。

館内を周るのは20~30分程度です。現在のジャカルタの相場から考えて10,000 ~20,000 IDR 程度が妥当でしょうか。

100,000 IDR などは確実に払い過ぎなのでご注意ください。

 

まとめ&施設情報

イスティクラルはモナス(独立記念塔)と並んでジャカルタの宗教や文化を感じられる数少ないスポットの一つです。

ジャカルタへの観光・旅行ではぜひ訪れていただきたいスポットです。

また、カテドラル(大聖堂)とも近いので、ぜひイスラム教とキリスト教の象徴を2つ続けて訪れてみてください。

非常に神聖な場所ですので訪れる際は敬意を払った服装にしましょう。短パンやスカート、サンダルなどは失礼にあたります。

ただ、肌が露出していた場合は綺麗な布着を貸してくれます(怒られることもありません)。一緒に案内された西洋人は非常に気に入っており、喜んでいました。

それはそれで思い出になるのかもしれません。

名称 イスティクラル(Istiqlal Mosque)
住所 Jl. Taman Wijaya Kusuma, Ps. Baru, Sawah Besar, Kota Jakarta Pusat
電話 +62 21 3811708
開館時間 24時間(訪れる際は常識的に10:00-17:00の間がよいでしょう)
料金 無料
Web なし

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スマホ用広告スペース

スマホ用広告案内

Adsense

こんな記事も読まれています!

-観光スポット情報
-, , , , ,