旅行・観光

【プロウスリブ】プトゥリ島の口コミ・レビュー【子連れOK!】

【プロウスリブ】プトゥリ島に行ってきました【子連れOKです!】

プロウスリブのプトゥリ島に行ってみたい!でもどんな場所なのかよくわからないので現地の様子が知りたい。

プトゥリ島は子どもと一緒に楽しめるのかな?離島なので食事や衛生面も気になる。

そんなプロウスリブのプトゥリ島について気になっている方に向けて

夫と2歳の子どもと滞在した際のレビューをたくさんの写真と共にお送りします!

ご挨拶が遅くなりましたが…この度ジャカルタ飯にて記事を執筆させていただくことになりました「cumicumi(ちゅみちゅみ)」です。

普段はイヤイヤ期真っただ中の2歳児と遊んだり・ケンカしたり!?しながら楽しく駐妻生活を送っています。

私は主にファミリー向けの記事を執筆していきます!

【プロウスリブ】プトゥリ島に行ってきました【子連れOKです!】

【プロウスリブ】プトゥリ島に行ってきました【子連れOKです!】
結論からいうと、プトゥリ島はキレイな海と自然、のんびりとした雰囲気が最高の島でした!

小さな子どもから大人までみんなが楽しめる島です!

運がよいとウミガメに出会えます!!

個人的にはジャカルタ在住者なら一度は訪れるべき島だと思います!

とにかく海がキレイ!

「ジャカルタのこんなに近くにこんなにキレイなビーチリゾートがあったなんて!」と驚きました。

では、詳細にレビューしていきます。

 

プトゥリ島ってどんなところ?

プトゥリ島ってどんなところ?

プトゥリ島基本情報

  • プトゥリ島とは…プロウスリブの島のひとつ
  • プロウスリブ…ジャカルタの北に位置する島々の総称(「千の島」という意味で実際には数百の島がある)
  • ジャカルタのアンチョール港から船で90分で行ける
  • 島にあるホテル・レストランは1つなので旅行者は全員同じホテルに宿泊・食事をする
  • ホテルはコテージ形式

我が家は4月に訪れましたが、天気が変わりやすかったです。

スカッと晴れるときもあれば、雨が一瞬サーっと降ることもありました。

ただ、雨が降ってもすぐに止んだので2日間十分楽しめました。傘はホテルにありました。

 

プトゥリ島旅行の予約方法は?

プトゥリ島への旅行はパンダバスやHISなどたくさんの旅行会社にて手配可能です。

パッケージツアーになっており、日帰りプランもありました。

今回のレビューは週末2日間のプランについてです。

パッケージには宿泊費・滞在中の食事のほか

下記のアクティビティがついています。

  • グラスボート
  • サンセットクルーズ
  • 海中トンネル

アクティビティについての詳細はアクティビティについてに記載しています。

 

アクセス

プトゥリ島へはアンチョール港から船で向かいます。

集合時間は7:30→出船は8:00→プトゥリ島到着は9:30頃

帰りは14:00にプトゥリ島を出発→アンチョール到着は15:30頃

週末を使って旅行した場合、

日曜日のお昼過ぎにジャカルタに戻ってこれるので、夜はゆっくり過ごして翌日からの仕事や学校に備えることができます!

週末旅に本当にオススメです!

こんな感じの船に乗って出発。

プトゥリ島,船,ボート,高速船

船に乗っている時間は90分ほど。

席は決められていました。

天候によって揺れるときと揺れないときの差が激しいようなので不安な方は酔い止めを持参しましょう。

今回は、行きも帰りもあまり揺れず、まわりに酔っていそうな方もいませんでした。

キッズ情報(船内での過ごし方)
集合時間が早く早朝に自宅を出発したのでパンやおにぎりなど船内で食べられる朝食を持参しました。
我が家の2歳児はおにぎりを食べてその後は到着まで寝てくれました。

 

島内マップ

プトゥリ島,島内マップ,地図

こちらが島内マップ。14時チェックイン予定でしたが、

着いたらフロントに案内され予約の確認後、すぐお部屋に行ってOKでした!

歩いてぐるっと1周まわれる小さな島です。
プトゥリ島,プール

マップに記載のプールはこんな感じ!テニスコートは見逃しました…

 

お部屋レビュー

お部屋はコテージタイプです。

水上コテージもいくつかありましたが、我が家の予約時には選択をせまられなかったので

希望される方は旅行会社に問い合わせてみてください。

 

ベットルームはこんな感じ

プトゥリ島,ホテル

素朴ですがきちんと清掃されているお部屋です。エアコンも完備。

キッズ情報(ベットについて)
我が家はエキストラベット(無料)を現地でリクエストしました。
シーツがついたマットレスが運ばれてきたのでベットとベットの間に設置してコロコロ転がる子どもはそこに寝てもらいました。
当日リクエストでもOKでしたが事前に予約しておくと安心ですね。
プトゥリ島,水,ポット,お湯

お水・ポット・お茶などもセットされていました。冷蔵庫も完備されていました。

 

バスルーム

プトゥリ島,お風呂,バス,トイレ,シャワー,温水パノラマ撮影したので少し写真がゆがんでいます。ご了承ください…

比較的キレイでした。

ただ、お湯が出るのに少し時間がかかる&水圧弱めですがそこは離島ということで…。

固定シャワーではないので子どもの身体をしっかり流してあげられます。

プトゥリ島,アメニティ,シャンプー,リンス,ボディソープ,石鹸

こちらがアメニティ。私はボディーソープをはじめ、各種持参しました。

歯ブラシは忘れないように!ドライヤーはあります。

 

お部屋の外

プトゥリ島,オーシャンビュー右が宿泊したお部屋。パノラマなので正面に見えませんが実際は海に面しています。

コテージの目の前が海です!最高!!

部屋の前にはシャワーと水道が設置されているので

お部屋に入る前に砂のついた足や体を流すことができます。

 

食事について

プトゥリ島,食事について,水上レストラン,レストラン,食事,ビュッフェ
食事は毎回こちらの水上レストランでいただきました。

レストランからも魚がたーーーくさん見えます。

何度も言いますが海が本当にキレイ!!!

プトゥリ島,水上レストラン,レストラン,食事,ビュッフェ
1日目(昼・夜)2日目(朝・昼)の4食ついてます。

すべてビュッフェ形式で味はまぁまぁおいしかったです。

夜はバリダンスが披露されていました。

キッズ情報
我が家の2歳児は出てきた食事はほとんど「からい~」と言って食べませんでした。(大人にとっては辛くなかったですが子どもにはキツかったよう…)なので、持参したアンパンマンカレーやパン、ビュッフェに出てくるフルーツをモリモリ食べて2日間を過ごしました。あとは島にある小さな売店で買ったビスケットをおやつ変わりに食べさせました。

 

アクティビティについて

パッケージに含まれているアクティビティは

海中トンネル・グラスボート・サンセットクルーズの3つです。

 

海中トンネル

プトゥリ島,海中トンネル,水族館
短いトンネルですが、いけすにいる魚をたくさん見ることができます。

個人的にはコバンザメを観察したのが楽しかったです。

本当に小判のカタチをしているんですよ!(知らないの私だけ…?)

トンネルのガラスにくっついているのでよく見えました。

子どもさながらにテンションがあがる私なのでした…笑

 

グラスボート

乗船時間は短め。わりとすぐ終わります。

ですが長くても子どもが飽きてきそうなのでちょうどよい乗船時間でした。

海の中を見れて特に子どもがとても楽しんでいました!!

たくさんのサンゴや魚に大人も癒されました。

 

サンセットクルーズ

プトゥリ島,サンセットクルーズ,夕日,サンセット
こちらがサンセットクルーズの船。

お天気に左右されますが船からみる夕日は最高です。ぜひ体験してみてください。

 

その他のアクティビティ

その他現地で追加オプションで楽しめるアクティビティはダイビング・シュノーケリング・ボートフィッシングなどです。

 

シュノーケリングでウミガメに遭遇!

なんと!!シュノーケリング中にウミガメを見ることができました!!

私たちの他にもウミガメをみた!と言っているファミリーがいたので島の周辺によくいるのかもしれません!

シュノーケリングは船に乗らなくても桟橋の階段から海に降りてして楽しむことができます。

透き通るような海には魚がたくさんいて桟橋からでも見えるのですが、シュノーケリングをすると更に癒されこちらも最高のアクティビティでした。

 

ボートフィッシングにハマる!

プトゥリ島,釣り,ボートフィッシング
2日目はボートフィッシングをしつつシュノーケリングのスポットまで連れて行ってもらうことにしました。

が、釣りにハマってしまい結局、滞在中2回目のシュノーケリングはせずに島まで戻ってきてしまいました。笑

手釣りという方法で釣るのですが餌をつけたり、糸の準備はすべて船長がやってくれるので楽ちんです!

釣れた魚を見て子どもも大喜び!釣った魚は調理をお願いすると夕食時にテーブルまで運んできてくれます。

調理法を指定しなかったので、すべてグリルされていましたが、フライをお願いできるならそちらのほうがGoodだと思います!たぶん!

 

オオトカゲに遭遇!!

島にはオオトカゲがいるのでこちらも運が良ければみることができます!

ちょうど雨が降っていて傘をさしつつ子どもを抱っこしていたので写真は撮れませんでしたがオオトカゲが歩いて移動中の場面を目撃することができました。

子どももとても喜んでおり、ジャカルタに戻ってからも「ドラゴンいたね!」と言っていました。(トカゲですが…笑)

 

島の写真いろいろ

プトゥリ島,ウォータースライダー,スライダー,遊具
海に面してスライダーがありました。小さな子ども向けのちょっとした遊具もあります(写真右側)。

プトゥリ島,マングローブ,海
マングローブが植林されていました。ちょうど雲が出てきて写真が暗くなりました…涙

プトゥリ島,島,散策,自然
自然いっぱいの島内をお散歩。歩いて1周できます。

プトゥリ島,ブランコ,海
木につけられたブランコがあり2歳児は大喜びでした。

海にむかって揺れるブランコなのでとても気持ちよく、一緒に乗った私も楽しめました。

 

持参すべきモノ

プトゥリ島,持参すべきモノ,持ち物
  • 歯ブラシ
  • 必要に応じて洗面用具
  • 日焼け止め
  • 虫除けグッズ
  • サングラス
  • 酔い止め
  • 飲む方はお酒(クーラーボックスを持参してる人もいました)
  • One Push VAPE
One Push VAPE
スーパーなどに売っているOne Push VAPEの持参をおすすめします!
着いてから部屋とバスルームに散布しました。
お散歩から帰ってくると何匹か駆除されていたのであると安心です。
また、夜寝る前も散布したので寝ている間に蚊に刺されることもありませんでした。

キッズ情報

  • パン
  • おやつ
  • アンパンマンカレー・ふりかけなどのご飯のおとも
  • ストロー(あると便利)
  • 子供用全身ソープ
  • オムツは現地調達不可なので多めに
  • 食事会場にウォーターサーバーがありました

 

まとめ

プトゥリ島,まとめ
プトゥリ島はとにかくキレイな海と自然が魅力的な島です。行くだけで癒されるので、のんびりしたい時の週末旅行にぴったりの場所だと思います。

ジャカルタでは外を歩く機会が少ないため、お散歩しているだけでも子どもは本当に楽しそうでした。

「大人のみのグループ」と「ファミリー」は同じくらいの割合でみかけました。

大人も子どもも楽しめて、ジャカルタからスグ行けるとても素敵なスポットだと思います。

皆さんもぜひ週末プチトリップを楽しんでみてください!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ABOUT ME
cumicumi
旦那さんと子どもとジャカルタのことが大好きな駐妻。 ジャカルタにいる間にここならではの経験をたくさんしたい!
更新情報をメールで受け取る

メールアドレスをご登録いただくと、更新情報をメールでお届けします。