観光スポット情報 旅行・観光

執筆者: MR.K

バリ島の名も無き美味しいコーヒーを求めて...バリ島旅行記Vol.3

マニアック情報担当のMR.Kです。

この記事は2018年のレバラン休暇期間を使い旅行した際の記事の一部です。

ちなみに前回の記事はこちらです。

参考 バリ島の旅行案内人(アリさん)との出会い バリ島旅行記Vol.2

バリ島の名も無き美味しいコーヒーはどこに・・・

前回の記事に引き続きバリ島で美味しいもの食べて飲んで体重増加しているMR.Kです。

先日の旅行からウブドに滞在し今度は美味しいコーヒー…さらに未開拓のコーヒーがまだあるに違いないと勝手に想像して探しました。

情報を探っていると地元の女性の方から連続で5杯飲んでとても美味しかったよ、という情報が。ならば、ぜひ私もそこに行って美味しいコーヒーを飲んでみたいと思い、情報を提供頂きコンタクトしてみました。

コンタクトすると「場所はバリ島内にあるけど、そこからだと少し遠いよ?けど来てみる?」と言って頂けたので、じゃあせっかくなので冒険してみようと思いお願いしました。次の日にPickupを頂き、早速現地に向かいます。

ウブドから西に80KM程行った所、Tabananという地域より更に西に進んだ所のようです。

途中、お昼ご飯で地元で超人気店のお店に寄って頂き、バビグリンを頂きました。サンバルマタがめっちゃ辛かった。

 

電波の無いバリの山奥に入っていく...

バビグリンを食べた後に、持参のビンタンビールを飲みながら今度は山の中に入って行きます。

携帯の電波やWiFiが通じません。

少々不安になりながらも、案内人を信用し峠を登って行きます。

峠を登る事30分。目的地の場所に到着しました。なんと道沿いにコーヒーの木が所狭しと生えています。

無事に目的地に到着し、コーヒー農家のお家に入ります。

ご家族で農家を営んでいるI NYOMAN GEDE ARSA(通称:グデさん)との事で、外国人の私を心良く歓迎して頂きました。

バリ語が通常会話ですが私はバリ語は簡単な言葉しかまだ話せませんので、インドネシア語に切り替えてもらい、インドネシア語で会話をお願いしました。

早速お願いしていたコーヒーとお茶菓子を出してもらいました。

噂のコーヒーの味はいかに...喉を通る時にスーッと入っていく感じです。後に苦味が少し残りますが飲み易い。

ロブスタ種のコーヒー豆のようで品種は昔々に他のジャワ島から先祖の方が持ってこられ、バリ島で自生しているコーヒーの木との事です。

コーヒーのおかわりを頂いている所で(ここで既に3 杯目)グデさんから山に入ってみるか?と言われせっかくなので蚊除けの薬を塗り山の中に入って行きます。

山の中に入るとコーヒーの木やカカオの木が山一帯に生えていました。また、日本名ではゼンマイ(こちらではPaku、またはPakis)が生えていました。

これはもしかしたら食べられるタイプのゼンマイか聞いてみると、バリ島ではあまり需要が無く取っていないとか。残念です。

日本では高級品として売られているゼンマイがバリ島の山奥で自生していたのは驚きです。

 

その後バナナを収穫しに戻り、バナナとカカオの生の実を食べながらコーヒーを飲み幸せな時間を過ごせました。

最後にご家族の方と写真を撮り、ドリアンの時期にまた来訪する約束をしました。

今度は焼きドリアンやドリアン On The Gohanを試してみたいです。

コーヒーや乾燥ゼンマイは準備ができ次第おれおれ堂に掲載するとの連絡をインドネシアの友人から頂いています。

参考 インドネシアのお土産専門店おれおれ堂

 

インドネシアはまだまだたくさんある未開拓の素敵な場所

今回はバリ島内を色々な方にお世話になりがら、素晴らしい時間を過ごす事が出来ました。人と人との出会いに感謝です。

現地の言葉が話せるようになると、今まで見えていなかった事や情報として頭に入ってこなかったインドネシアの濃く奥が深い部分が見えてくるようになると思います。

皆さまも是非、インドネシア語やその地方にある言葉を習得されインドネシアに住まわれている方との交流を図り、素敵な人生の一つの思い出となる事を祈念致します。

ちょっとコーヒーの話とはズレますが、私も来た当初はこちらでインドネシア語を習いました。下記の清水先生です。

参考 インドネシア語勉強問い合わせサイト

 

週末にスカイプで文法を中心に教えていただきました。だいたい半年くらいして「これは話せるようになってきた?」と実感が湧いたのが今では懐かしいです。

今回私から記事でご紹介したいとご相談してみたところ「ジャカルタ飯を見た」と連絡すれば、無料レッスンが通常1回の所、2回にしていただけるとの事です。さらに無料テキストまでついてきます。

インドネシア語がいまいち上達しないとお悩みの方はぜひご相談してみてください。清水先生は通訳などビジネスサポートもやっているので何でも相談可能です。

清水先生個人の連絡先も張っておきます。

LINE→shimijunica

WA→081219723132 (清水先生)

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スマホ用広告スペース

スマホ用広告案内

Adsense

こんな記事も読まれています!

-観光スポット情報, 旅行・観光