レストラン情報 日系レストランや居酒屋

執筆者: jakameshi

オープニング価格が安すぎてずっと続けてほしい!ブロックMで気軽にお好み焼き「よね坊(YONEBO)」

2018/04/16

耳に聞こえては来るけどなかなか行く機会が無かったお店が結構あります。ジャカルタのブロックMにあるよね坊はその一つ。

「なんだかブロックMにめっちゃ安いお好み焼き屋ができたみたい」とずいぶん前から聞いてはいたものの、「えいやっ」という気持ちになりにくいジャカルタ。

ついに先日、気軽に飲める酒豪フレンドと共に訪れてきました。

ブロックMの入口にひっそりと構える「近所のお好み焼き屋」的なお店

よね坊はブロックMプラザの大通りを挟んで向かい側にひっそりとたたずんでいます。「今日やってる?」風な感じで入りたい、「地元の店」の雰囲気たっぷりのエントランス。

店内も20席弱(?)程度のこじんまりとした空間です。まさに日本の地元の駅裏とかにありそう。

 

大阪ごり押しの粉ものメニュー中心にとにかくすべてが激安

安いとは聞いていたのですが、実際に本気で安い。

それもそのはずで、新規オープンして数カ月経つ現在(訪れたのは2017年8月下旬)でもオープニング価格継続中なのだとか(店内に貼ってありました)。

一緒にいった酒豪は大阪出身なのですが、味もきちんと大阪風とのこと。

完全に大阪出身の酒豪プロデュースなメニューをご紹介します。

今回は価格は税・サ込。R=ribuで1,000ルピアです。

 

冷やしトマト / 33 R

冷やしトマトにはこれまたサラっとした玉ねぎのみじん切りが乗っけてあります。

筆者的には珍しいスタイルのこの冷やしトマト。これは個人的に新鮮で美味いですね。

飲んで堕落しながらも体に良いことを多少頑張ってる気になります。

 

豚キムチ / 33 R

ボリューム少し控えめなものの、豚キムチが300円程度で食べられるのは嬉しいです。

出てくるのも早いので突き出し的に食べるのがGOOD。

鉄板で目の前で調理してくれます。

 

とんぺい焼き / 33 R

実質300円シリーズの第三弾。これはさすがに300円は安いでしょ!という「とんぺい焼き」。

筆者は北国出身なのであまり粉ものと所縁が無いのですが、大阪あたりの居酒屋ではよくあるメニューのようです。

味もビールにピッタリですね。あれ?もしかして、思い返してみればこれは筆者の人生初とんぺい焼きかもしれない。

 

よね坊焼き / 62 R

酒豪的な「よね坊名物」がこのよね坊焼き。別名(本名?)は大阪モダン焼き。

お好み焼きに焼きそばが入るという、北国的には「祭りの出店でしか食べたことないかも」というレアメニュー。

大阪的には「いやいや、外せないでしょ」というものみたいです。

これ、ボリュームが素敵です。写真の見た目よりも大きい。さすがに値段も300円というわけにはいきませんが、十分コスパ良いのではないか。

粉ものってけっこうお腹が膨れるんですね。

 

コーンバター / 33 R

「いやー、もう食えないっす」と言っていたところに酒豪がオーダーした逸品。

このタイミングでこれを食べると意外に食べれたのが不思議でした(笑)

 

店舗情報&まとめ

粉もののコストパフォーマンスにオープニング価格が混ざるとこうなるのか!と感じるほど激安でした。

ちなみに個別に写真は撮っていませんが、なんと焼酎が1杯25,000ルピア(たしか税込み)でした。

ジャカルタで焼酎が1杯200円!

振舞い酒かい!

というオープニング価格の衝撃。

ぜひ、オープニング価格と言わずにこの価格を継続してほしい、とジャカルタの酒飲みを代表してここに祈願しておきます。

店舗情報
店名 TEPPAN-YAKI よね坊
所在地
電話
営業時間 月ー木:18:00-23:00
金:18:00〜01:00
土・日・祝日: 昼11:30〜14:30 夜17:00〜22:00
Web https://www.zomato.com/jakarta/teppan-yaki-yoneboh-melawai

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スマホ用広告スペース

スマホ用広告案内

Adsense

こんな記事も読まれています!

-レストラン情報, 日系レストランや居酒屋
-, , , ,