レストラン情報

Mentengにある居酒屋『YABAI IZAKAYA』がインドネシア人の若者でごった返し

ジャカルタの中心部にあるMentengエリアは閑静なエリア。

有名なインドネシア料理のレストランも多く、街並みも心なしか整った印象を受けます。

わりと好きなエリアでたまに訪れるのですが、1年ほど前に「居酒屋」の工事が始まっているのを見かけました。

半年以上経過してようやく訪れることができました。

なんとインドネシア人が溢れるIZAKAYAとなっておりました!

Mentengの中心にあるYABAI IZAKAYA

その名は「YABAI IZAKAYA」。

「やばい居酒屋」

なんと覚えやすい…そりゃあ工事の看板見た時から覚えていましたよ。

日本人も好きなスペイン料理「Por Que No?」の入っているビルの1Fにあります。

YABAI居酒屋の何がYABAI!のかをレポートします。

 

そもそもMentengに居酒屋を作っちゃうのがやばい

高級エリアのMentengに居酒屋を作っちゃおうという発想がやばい。

渋すぎますよね。

最初工事を見かけた時「え?メンテンに居酒屋作っちゃうの?」と超印象的だったことを覚えています。

確かに穴場と言えば穴場かも。

 

インドネシア人の心を掴んでてやばい

恐る恐る入店してみると、この混み具合。

インドネシア人の若者たちでごった返し。

しかも見た感じお金を持ってそうなホワイトカラーの人たち。

中央のMentengで遊ぶくらいですから、大手企業や外資系のオフィスで働く人たち、かな?

 

自家製焼酎が思いのほか酔っぱらってやばい

果実を漬けた焼酎や焼酎カクテルが前面ごり押し。

こうして見てみると焼酎もおしゃれな飲み物に早変わりですね。

焼酎モヒートはうちの嫁曰く「インドネシアの若い人が好きな味」みたいです。

ジュースみたいに飲めちゃいますが、焼酎なので飲みすぎると酔います。

 

アップテンポなBGMが海外の最先端IZAKAYAっぽくてやばい

アップテンポなBGMが真っ黒な内装にぴったり。

なんというのか「日本の居酒屋」ではなく「海外ならではのIZAKAYA」感が出ていて個人的にはすごく好きです。

シンガポールにありそうな雰囲気(←個人的な見解です)。

こういうカジュアルでかっこいい雰囲気の居酒屋ってジャカルタにはなったかもしれませんね。

それゆえ若者が集まってくるのかも。

 

価格帯はリーズナブルでやばい

インドネシア人ターゲットにする日本食ってやたらと高い値段を付けてるお店が多い印象ですが、お値段は使いやすい居酒屋基準。

 

まとめ&店舗情報

料理の味はインドネシア人に合わせている印象を受けました。

ぶっちゃけ、日本人が日本の居酒屋のノリで訪れると物足りないと思います。

でも逆に酒好きなインドネシア人と一緒に来ると喜こんでくれそうですよね。

周囲もインドネシア人が多くて落ち着くでしょうし。

 

ちなみにオーナーさんはお隣のカフェ「Maple & Oak」のオーナーさんでもあるそうです。

なるほどそれで今のメンテンでカジュアルな居酒屋はいける!と土地勘が働いたのかな?と納得です。

 

インドネシア人のためのIZAKAYA。

選択肢として持っておいてよいお店だなあと思います。

店舗情報
店名 Yabai Izakaya
所在地 De Ritz Building, Jl. HOS. Cokroaminoto No.91, RT.3/RW.5, Menteng, Kec. Menteng, Kota Jakarta Pusat, Daerah Khusus Ibukota Jakarta 10310
電話
営業時間 11:00~23:00 (週末は~24:00)
Web

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ABOUT ME
jakameshi
ジャカルタ飯の主宰です。ジャカルタ在住で奥さんはインドネシア人。生活・仕事・観光・ご飯・国際恋愛…。守備範囲は広いです。 更新情報が届くFacebookページはこちら くだらない小話も届くTwitterはこちら 地味な写真が届くInstagramはこちら
更新情報をメールで受け取る

メールアドレスをご登録いただくと、更新情報をメールでお届けします。