レストラン情報 会食やデートに使えるレストラン

執筆者: jakameshi

伝統と革新が混ざるインドネシア料理レストラン、「プラタランダルマワンサ」

ジャカルタには格式高い有名インドネシア料理レストランがいくつかあります。「プラタラン」も会食などでよく使われる伝統的イメージがあるレストランです。

と思っていたのですが、プラタランのダルマワンサは思っていたよりも面白いお店でした。

偏見ってよくない。

訪問してから少し間が開いてしまいましたが、ご紹介します。

樹齢150年の古木を使ったジャワ式建築が素敵なインドネシアレストラン

プラタランはよく結婚時の家族会食やビジネス会食で使われる、インドネシア人の間では超有名なレストランです。

メンテンとダルマワンサの2店舗があり、今回の記事はダルマワンサ店。

 

もう敷地内に入って早々に「ここはジャカルタでしたよね?」と突っ込みたくなるほど開放的で気持ちよい空間が広がっています。

メインのバリ建築の建物は樹齢150年の古木を使ったジャワ式建築。雰囲気がありますね。

テラス席やバースペースもあっていろんな用途に使えそうです。

店内はアジアっぽさと格式がいい感じで広がっています。

 

支配人の経験が生み出す最先端インドネシア料理

ラッキーなことに今回は支配人兼料理長の方のお話をゆっくり聞くことができました。

こちらのお店の料理長は面白いことに、オーストラリアでフランス料理を学び、その後ジャカルタで和食店をオープン。

そして現オーナーと出会いプラタランダルマワンサを担当することになったそうです。

つまり、このレストラン、和食とフレンチのエッセンスがインドネシア料理に少し詰まっているんですね。

 

もちろん伝統的なインドネシア料理も大切にしているようですが、中には「実験的」に生み出したものも多いのだとか。

お客さんのほとんどが外国人で日本人も多い。味付けも外国人に好まれるように日々精進しているそうです。

いくつかいただいた料理をご紹介します。

 

Brinjal Chips / Rp.69,000

インドネシア料理でよく使われる、少し甘めのフロスが載った揚げ物。中身はなすびです。なすびのインドネシア風フリッターみたいな感じですね。

これは酒のつまみですね。のん兵衛を意識しているのかやや塩気は強いです。

最初にビールと合わせて食べるのがいいかも。

 

Dendeng Batokok / Rp.179,000

落ち葉じゃなくて牛肉を乾燥させたものです。インドネシアのルンダン風に煮込んだものを、何やら欧州料理の技術でガッツリ乾燥させたのだとか。シェフは実験的な料理と言っていました。

見た目は煮込みみたいだけど、肉が薄くてこれは独特な食感がする。少し実験しすぎた感じがしなくもないですが、挑戦無くして発展なしですからね。

日本のシェフの友人も言っていましたが、料理はサイエンスとアートを融合させるクリエイティブワークなのだ。

 

Ayam Dharmawangsa / Rp.129,000

これは…あれです。インドネシアでも食べられるグレープフルーツみたいなやつ。ほら…バリから来ているやつですよ。

普段食べないから名前忘れちゃいました。やっぱ食べたらすぐ書かないとダメですね…反省。

アヤムゴレンの塩気とフルーツの甘味が同居しているサラダ。少しタイのエッセンスがしなくもないです。

 

Bebek Manggis Curry / Rp.125,000

これはマジで激うまです。これを紹介しなければ!と思い今回パソコンを立ち上げたといっても過言ではない。

べベック(カモ)のお肉と一緒にカレーに沈んでいるのはなんと「マンゴスチン」。女王です、フルーツの女王。インドネシアのマンゴスチンもタイに負けじと美味しいのです。

これ、もうカレーにマンゴスチンって聞いただけでキュンとしますよね。おしゃれすぎる…ここは表参道か。はたまた恵比寿か、代官山か…いや、ダルマワンサ。

実際のお味は…辛さと酸味と甘さが複雑に混ざり合っている。正直うまく形容できませんでした…。

「ん、ん~~~~(もごもご)…Amazing!」

みたいな反応をしてしまいました。

なんというか「禁断の組み合わせ…」みたいな感じです。カレーのパンドラの箱!みたいな。

断トツで一番美味しかったです。家の近くにあったら定期的に食べに行きたいレベル感。

うーんこんなにおしゃれで美味しいメニューがインドネシアレストランでも食べられるんですね。

セノ〇ティあたりに行けばおしゃれなだけで美味しくない料理がけっこうありますが、これは違いますよ。

 

まとめ&店舗情報

外国人の会食利用も多いためお酒の種類も豊富です。そして他のインドネシア料理レストランと同じく、感じる雰囲気よりも一回り価格設定は下だと思います。

普通のインドネシア料理会食に飽きたならば、プラタランのダルマワンサ店に訪れてみるとよいかもしれませんね。

ちなみに、メンテン店舗はダルマワンサ店舗とは違い、けっこう「伝統的」なインドネシア料理寄りなんだとか。訪れる際はご留意ください。

店舗情報
店名 Plataran Dharmawangsa
所在地
電話
営業時間 11:00~22:00
Web https://www.plataran.com/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スマホ用広告スペース

スマホ用広告案内

Adsense

こんな記事も読まれています!

-レストラン情報, 会食やデートに使えるレストラン
-, , , ,