レストラン情報

ジャカルタで最高レベルの記念日ディナー!欧州料理レストラン『Piquant』

いきなり結論から書きますが、今回紹介するレストランは今までジャカルタで体験した西洋系レストランの中でも最高に美味しかったです。

隠れ家的なレストランなので大々的に紹介するのも…と思ったのですが、あまりに素晴らしい料理でしたので、ぜひ日本の同胞に伝えたいと直談判。

店舗紹介についてはオーナーシェフの許可を得ています(資料も送ってもらいました)。

というわけで張り切ってご紹介します!

オーストラリア人オーナーシェフが腕を振るう、創作欧州料理の『Piquant』

お店の名は『Piquant』。場所はMenteng。

Mentengと言えば知る人ぞ知る『Chicory』というパティスリーがあります。『Piquant』はそのChicoryの中にあるレストランです。

こちらの両店舗はオーストラリア人シェフ(夫)とインドネシア人パティシエ(妻)のご夫婦で経営されています。

『Piquant』は旦那さんのCRAIGさんが担当。

CRAIGさんはオーストラリアで下積みした後、欧州の英国に渡り星付きレストランでさらに経験を蓄積。オーストラリア帰国後に有名レストランの立ち上げに参画した後、2010年よりジャカルタで開業されました(いただいた公式プロフィールより)。

『Piquant』では欧州料理がベースとなっていますが、和食のエッセンスを盛り込むなど、要所にCRAIGさんの独創的センスが反映されています。

心意気も含めてシェフの最高のサービスを堪能

我々が訪れたのは妻の誕生日。

PSBB2でレストランが閉鎖していたので、半分あきらめていたのですが…

なんと幸いにも直前の日曜日にPSBB2が解除されたんですよね。

まさに奇跡!

 

ところが、予約の電話を入れたところ、なんとその日(妻の誕生日)はまだお店が開いていないということでした。

輸入食材が多いためまだ食材が揃わない、と(※)。

※PSBB2が急に解除になったので、レストランの開店準備も大変そうでした。

 

しかし!

 

その後、お店から「輸入食材はないのでご提供できないメニューもありますが…国内で手に入る食材だけでよければ開店します」と連絡をいただきました。

この神対応に妻よりも私が感動しましたよね。

なんとまぁ、本当にありがたかった。

当然ながら当日はほぼ貸し切り。我々に遅れて老夫婦(こちらも誕生日だったらしい)が来店したのみです。

ということで、シェフの腕もサービスもほぼ独占という、最高に贅沢なひと時となりました。

コース料理とワインペアリングがおすすめ!パンナコッタは是が非でも食べねばならない

手持ちの食材で最高の料理を提供してもらうため、事前に5皿のコースを予約。

さらに料理を最高に楽しむために、ワインペアリングもオーダー。

料理に合わせたワインを計5杯、シェフが一杯ずつ選んでくれます。

 

この組み合わせがもう最高でした(←語彙力)。

 

シェフも躊躇なしに素敵なワインをポンポン開けてくれるわ、料理も2皿コンプリメントで出してくれるわ、もう大満足。

あぁ…梨の香りがするワインが忘れられない…(でもワインの名前は忘れた)。

わけあって写真が消失してしまったため、すべての写真はありませんが…ご参考までに当日のお料理はこんな感じでした(妻のスマホに残っていた写真から抜粋)。

 

マグロのたたき。ゴマのクラッカーの香りが素晴らしかった。

ホタテのスープ。ホタテの甘いのなんの。

鶏レバー。レバーが濃厚で甘くて…どうやったらここまで味を引き出せるのか、不思議でたまりません。一口食べるごとに興奮しますよ。

鶏シチューのトリュフ風味、フォアグラ入り。フォアグラが口の中で溶けました。

WAGYUサーロイン。肉本来の味が…野生のライオンの気持ちがわかったような気がします。

ラズベリーソースとオレンジのパンナコッタ。

これ形容しがたい美味しさです

これはもう『宇宙』か『魔法』か、その両方か。ソースとパンナコッタの芸術。人生過去最高のパンナコッタでした。日本でもこんな美味しいパンナコッタは食べたことありません。

そして写真はありませんが、この後にメッセージ付きのミニケーキ。

パティスリーも隣接してますので、ケーキが美味しくないわけがないw

 

ケーキを含めて7皿。ワインもたっぷり飲んで最高のコースディナーでございました(←語彙が…)。

 

まとめ&店舗情報

筆者の稚拙な表現でどこまで伝わったかわかりませんが、文句なしにジャカルタで最高レベルのレストランだと思います。

ジャカルタでこのクオリティの欧州料理を出せるお店は…少なくとも筆者はすぐには思い浮かびません(あるかもしれない…でもないかもしれない…)。

 

参考までですが、2020年10月時点でのコース(一名分)のお値段は以下の通り。

  • 5皿のコース 1.2 juta ++
  • ワインペアリング 970 ribu ++

 

もちろん、コース以外にアラカルトもあります。

 

気軽にふらり!と通えるお店ではないですが、訪れる価値は大ありです。

大切な人と大切な日を迎える際にいかがですか?

きっと思い出に残るディナーをCRAIGさんとスタッフの皆さんが提供してくれるはずです。

あぁ…今度は何かいいことがあった時にでも、ご褒美ランチで訪れてみようかな。

店舗情報
店名 Piquant – European Haute Cuisine
所在地
電話
営業時間 12時00分~21時00分(アイドリングタイムあり、日曜時短、月曜定休)
Web http://www.piquant.id/

ABOUT ME
アバター
jakameshi
ジャカルタ飯の主宰です。ジャカルタ在住で奥さんはインドネシア人。生活・仕事・観光・ご飯・国際恋愛…。守備範囲は広いです。最近はYoutubeチャンネル(ジャカメシちゃんねる)も始めました。ぜひチャンネル登録お願いします。