レストラン情報

日本のかき氷をジャカルタで!ステーキ丼も美味い『黒べえさんのかき氷』

ここ数年でインドネシアにも日本食がかなり増えましたよね。

ご飯ものはもちろん、ケーキや和菓子屋などスイーツのお店も増えています。

そしてなんとついに『日系“かき氷”専門店』ができました。

場所はPantai Indah KapukことPIK。

おそらく誰よりも早く体験してきましたので、ご紹介します。

結論からお伝えすると、予想以上に美味かった…!

しばらくぶりに「かき氷」を食べましたがインドネシアの氷菓子とはまた違いますね。

風鈴の音色がなんとも涼し気…日本の夏を感じさせる『黒べえさん』

場所はユニークなお店が集まっているPIKの中心地帯、クラウンゴルフのRukoエリアです。

かき氷の文字がひときわ目立っていますね。

店内のインテリアは日本の夏をかなり意識した雰囲気。

風鈴の音がリーンリーンと鳴り響いていて「あぁ…日本の夏って確かこんな感じだったな…」と(筆者的にはすでに)遠い記憶を刺激されます。

客席もゆったりと広めにとってあるのでゆっくり休憩できそうですね。

店内にはかき氷のマシン。

さらにカウンターにはフルーツがストックされています。

 

日本の本店はステーキ丼屋!食事から甘味まで楽しめる

さて、この黒べぇさん。

かき氷専門店として営業していますが、なんと本店は広島のステーキ丼。

ということでメニューは

  • ステーキ丼やカレーライスなどのご飯もの
  • 甘味としてのかき氷

というレパートリーになっています。

 

見た方が早いですよね!ということで、いただいたメニューをいくつかご紹介します。

 

カレーパン / Rp.25,000

本店が洋食屋(ステーキ丼屋)ということで、頼んでみました。

洋食屋さんのカレーパンってちょっと惹かれませんか?

外側はかなりサクサク。

割ってみると、中身は本気のビーフカレーでかなりビーフ感溢れています。

辛さはインドネシアということでかなり辛め。

インド人もびっくりしそうな本気なカレーパンですね。

お土産で持ち帰り、ビールと一緒に食べたらすごく美味そう…。

 

ステーキ丼 / Rp.120,000

火の入り方がよく、お肉が柔らかい。ローストビーフに近い感じですね。

さらにガーリックライス自体がかなりいい塩梅。

ソースをかけていただきます。

これは美味い。

かき氷屋でこのレベルのステーキ丼が食べられるのはちょっと不思議な気分です(笑)。

 

フルーツスペシャル かき氷 / Rp.100,000

食べる前はぶっちゃけ「氷にフルーツ乗っただけだよね…」とか思っていたんですが…食べてみてびっくり!ステーキに負けじとこちらも美味いです。

氷は薄めのミルクテイスト。シロップかけなくてもほんのり甘くてちょうどよいくらい。

氷はさすがかき氷専門店。フワフワしています。

さらに乗っているフルーツも新鮮です。

同席していた妻も大満足でした。

ということでやっぱ日本のかき氷は美味いっす。

ちなみにかき氷の底にはナタデココやタピオカパールが入っていて、最後まで飽きない仕様になっています。

 

抹茶スペシャル かき氷/ Rp.100,000

王道。これぞ王道よ…。

小豆に抹茶、さらにきな粉。そして白玉。

上からはさらに抹茶ソースをかけます。

うーん、日本の夏の味(食べた時期は年末ですが)。

インドネシアにも日本風の甘味屋は過去にいくつかありましたが、甘さのバランスがやっぱり違いますよね。

浴衣を着て食べたくなります。

ちなみに動画から伝わるかもしれませんが、スペシャル系のかき氷はかなり大きいです。

たぶん3人で食べてちょうど良いくらいだと思います。

 

まとめ&店舗情報

この日いただいたかき氷は『スペシャル』なので大きめだったのですが、かき氷はRp.40,000の小さめサイズからオーダーできます。

さらに、『ミニステーキ丼+カレーパン+かき氷』や『カレー+かき氷』というセットメニューも。

ご飯もかき氷も食べたい、という方はこちらの方が良いでしょう。

日本からやってきたかき氷屋の黒べぇさん。

ビンタンビールやアルコール系のかき氷も今後販売していく予定だそうです。

PIKに立ち寄った際にはぜひ一度足を運んでみてください。

店舗情報
店名 Kurobesan Es Serut Jepang
所在地 Ruko Crown Golf Mediterania, Jl. Marina Raya, Kamal Muara
電話
営業時間 11時00分~22時00分(金・土は~23時00分)
Web

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ABOUT ME
jakameshi
ジャカルタ飯の主宰です。ジャカルタ在住で奥さんはインドネシア人。生活・仕事・観光・ご飯・国際恋愛…。守備範囲は広いです。 更新情報が届くFacebookページはこちら くだらない小話も届くTwitterはこちら 地味な写真が届くInstagramはこちら
更新情報をメールで受け取ることもできます

メールアドレスをご登録いただくと、更新情報をメールでお届けします。