レストラン情報 気軽にお酒が飲めるレストラン

執筆者: jakameshi

フランス魂を感じる絶品キノコピザ、ジェイジェイロイヤル(ROYAL BRASSERIE)

2018/04/16

ジャカルタ中心部に住んでいる方であればJJ ROYALという文字を一度はショッピングモールで見かけたことがあるかもしれません。

ど派手(日本人的な感覚だと下品ともとれるかも)な虹色に輝くネオンの看板、そして店内には謎の女の子のアニメキャラクターをなぜか前面に配置したインテリア。

正直最初は誰しもが引きます(筆者も最初はドン引きでした)。

ところがここのピザが絶品ということはあまり知られていません。いや、ほんと美味いと思うんです。

実はフランス人が入り込むJJ ROYALグループ

JJ ROYALを展開するのはFOODIE HABIT GROUPという会社で、レストラン以外にもGULAKUという砂糖、そしてJJ ROYAL COFFEEというコーヒー豆ブランドも販売しています。

砂糖はコンビニでも売っており、コーヒーも空港やスーパーで販売されるくらいですから、なかなかに手堅く商売を展開している会社です。

そしてレストランではJJ ROYAL BRASSERIEがクニンガンのLOTTE AVENUEに、JJ ROYAL BISTROがSENAYAN CITYに入っています(今回のお店はBRASSERIE)。

そして、会社全体に関与しているのかどうかはわかりませんが、レストランはフランス人マネージャー達が影でサービスを支えているのです。

最近では出没頻度こそ減りましたが、それでも店舗へ行くと未だにフランス人マネジメントがチェックしているシーンに出会います。

 

チーズの盛り合わせに「フランス人の魂」を見た日

ぱっと見た感じ、筆者のような日本のおじさんから見るとまったくもって謎の雰囲気を醸し出すお店で入りにくいです。謎世界観の参考までにWebのキャプチャー張っておきます。

ただ、実際に入ってみると料理もきちんと管理されており、そこまで東南アジアテイストにカスタマイズされていなかったりします。むしろ料理にはところどころフランス人のこだわりが見え隠れします。

ずいぶん前になりますが、このお店を使い始めた当初のこと。ワインを飲んでいた際にどうしてもチーズが食べたくなりました。

当時のメニューにはチーズプラッターは無かったのですが、インドネシア人スタッフに伝えると厨房からフランス人シェフが登場。わざわざ要望を聞いてガッツリと一皿盛り合わせをサーブしてくれました。

さらに丁寧に説明を加えた後に「私はフランス人だからワインとチーズの組み合わせには絶対の自信があります。私からの提案を楽しんでくださいね。」とのコメント。

そしてそのチーズが美味かった。ただ、メニューに無いメニューだったので価格が気になる所。インドネシアは輸入チーズが高いのです。量も量でしたので250,000 IDRくらい取られるか…と思ってレシートを見たところ120,000 IDRくらいだったのです。

なんていうのでしょうか。「美味いチーズを安く食わせてやりたい」というフランス人の意気込みを感じました。

日本人も外国でラーメンの値段が高くなってしまっているのを見ると「ラーメンってのは特別なもんじゃなくて、庶民食なんだぜ、てやんでい」的な気持ちになります。

フランス人にはフランス人の「チーズってのはそもそもそんな高い食べ物じゃねぇんだ!」的な考え方があるのかもしれませんね。

 

基本、何かしらビールのプロモがやっている

嬉しいことにこのお店ではほぼ常時ビールのプロモをやっています。

BUY2 GET1とか、BUY4 GET6など。

これ、酒好きの友人と訪れると何気に効果絶大です。

この日はカムデンバーにも一緒に訪れた「酒豪」と訪れたのですが、なんだかんだで150,000ルピア分くらいプロモで得しました。

大人数で訪れてもガンガンプロモが適応されるので、人が多い方が享受できるかもしれませんね。

 

ピザを始め、洋食の味が安定している

ほぼピザばかり食べているのでそこまで食べつくしたわけではないですが、お料理はほぼ「はずれ」がありません。お値段もそこまで高くなく、使いやすいお店です。

インターナショナルな料理から、インドネシア料理までありますが、もちろんおすすめは「洋食」です。

先日食べたものをご紹介します。

通貨はIDR,R=Ribuで1,000。税・サービスチャージは抜きです。

 

キノコとトリュフのピザ(Funghi Truffle) / 88 R

このピザは本当に美味しく、美味しすぎて他のピザが記憶にないほどです。強いソースが主流のジャカルタにおいて、この「素材感」を活かしたピザは貴重です。使っているチーズも美味。

ボリュームが多いので頼み過ぎ注意です!一皿で3人はお腹いっぱいになります。

 

その日のサラダ(Salade of the day) / 85 R

毎日変わるのかはわかりませんが、この日のサラダはリンゴとパイナップルが印象的なフルーツサラダ。

インドネシアだと野菜が美味しくても「サウザンアイランドソース」で台無しになってしまうことも多いのですが、このお店はしっかりと酸味が効いたドレッシングでさっぱりいただけます。

 

シャルキュトリ盛り合わせ(Charcuterie Board)/ 155 R

加工肉の盛り合わせ。これはこの日に初めてトライしたのですが、まさに「大当たり」。ビール好きでもワイン好きでも、酒が好きなら必ずオーダーしていただきたい一皿。

生ハムからサラミまで数種類の乾肉がモリモリのっています。一緒にいった酒豪も満足していました(ボリュームが多く、これ一皿だけでもよかった、とのこと)。

 

まとめ&店舗情報

今回は食べていませんが、他のお肉系料理も全体的に美味しいです。ワインリストもたくさんありますが、そこまで安いイメージはありません。チーズは安かったんですけどね。

シャルキュトリつまみながら軽くビールを飲む、的な使い方が良いのかもしれません。

店舗情報
店名 JJ Royal Brasserie
所在地
電話 +62 21 29888980
営業時間 10:00-24:00
Web http://jjroyalcoffee.com/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スマホ用広告スペース

スマホ用広告案内

Adsense

こんな記事も読まれています!

-レストラン情報, 気軽にお酒が飲めるレストラン
-, , , ,