レストラン情報 気軽にお酒が飲めるレストラン 手軽で美味いローカルレストラン

執筆者: jakameshi

魚介スープがもはや至高のメニュー、客家料理のHao Xiang

コタには美味い中華料理がたくさんありますが、味が強めのお店が多いかもしれません。

そんな中、異彩を放っているのが今回ご紹介するお店です。

ロカサリのすぐ隣、薬局の上にあるHao Xiang

今回ご紹介するHao Xiangはロカサリ横の薬局の2階にあります。

ロカサリを背にしてすぐ左手に見えるこの眺めが目印。

1階にはわかりやすいエントランスがあります。

2階へ上がると、綺麗に清掃された中華風のレストランが広がります。

 

客家料理だけど味付けが絶妙

筆者は専門家ではないので詳しくはないのですが、どうやらHao Xiangは客家料理が軸になっているようです(hakka客家という文字がメニューにたくさんあります)。

客家料理と言うと「濃い味付け」が「日本人の舌」にもマッチして「ご飯が進む」と言われていますが、Hao Xiangの場合はそこまで濃い印象はありません。

どちらかというと素材の味をしっかりと活かした、それこそ別な意味で日本人の舌にもマッチする味付けではなかろうか。

ちなみにメニューには価格が書いていませんが高級店というわけではありません。仕入れの状況によって価格を変えているだけなのかな?

先日食べた中で特に印象的だったものをご紹介します。

 

SOP KEPALA IKAN

これです。これ。これを書きたいがために再来訪したと言っても過言ではありません。

直訳すると「魚の頭のスープ」。この白いスープの中にお頭付きの魚が一匹入っています。

インドネシアの魚ってどうしても魚臭いイメージがあります。特に刺身以外に回される魚は管理方法が悪いのか、生臭さが出てしまっているのがジャカルタスタンダート。

だがしかし、このスープは一切魚の臭みがありません

かといって魚の味がしないのかというとそういうわけでもなく、魚の風味はうまくスープに生きています。

まさに匠の業

陳健一でも働いているのでしょうか。

もう、筆舌に尽くしがたい美味しさ!いや、ほんとに素晴らしいスープです。「おいしんぼ」ならば海原雄山側の「至高のメニュー」ですよ。

このスープを飲むだけでもHao Xiangに来る価値があると思います。

ちなみに写真はミドルサイズ。3~4人ならミドルサイズ、それ以上ならラージサイズがよいでしょう。

 

UDANG REBUS YAM HA

もう見たまんまの料理です。海老の「ぷりぷり」を楽しむためだけに生まれたようなメニュー。

えび好きにはたまらない一品です。ぷりぷりをエンドレスに堪能できます。

おそらく「ゴマ(?)」のオイルでうっすらと味付けがしてあり、それがまた飽きの来ない味になっています。

 

SAPI CAH CABE IJO

漢字での表記を見るところ、青椒肉絲(チンジャオロース)とのことですが、あまりロースーな感じになっていません。

牛とピーマンの中華炒め、という感じでしょうか。

なんとも肉の食べ応えが溢れています。

インドネシア語表記でCABEという名称が使われていますが、使われているCABEは辛くなくピーマンに近い味です。

 

まとめ&店舗情報

他にもウナギ揚げやら野菜炒めやらたっぷり楽しみましたが、メニューをIdentifyできないので割愛します(笑)

その日のメニューは並べるとこんな感じ。これにもう一皿、豚のミーゴレンも並びました。

オジサン3人がビールもたっぷり飲んで、まさに「もう食えない~~!」となるまで食べてお会計は約1juta(Rp. 1,000,000)。

価格表記は無いけれど、意外にお財布には優しいお店なのです。

ちなみに!

 

紹興酒はありません。。。

ということで紹興酒を求めてこの日も彷徨い歩くのでした…。

店舗情報
店名 Restaurant​ Hao Xiang
所在地 Jl. Mangga Besar No.87, RT.15/RW.1, Kota Tua, Tangki, Tamansari, Kota Jakarta Barat
電話 (021) 6264320
営業時間 11:00-1430, 17:00-22:00
Web https://www.zomato.com/id/jakarta/hao-xiang-mangga-besar

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スマホ用広告スペース

スマホ用広告案内

Adsense

こんな記事も読まれています!

-レストラン情報, 気軽にお酒が飲めるレストラン, 手軽で美味いローカルレストラン
-, , , ,