レストラン情報 手軽で美味いローカルレストラン

執筆者: jakameshi

山羊のミルクスープ、DUDUNG ROXYでKAKI KANBING

2018/02/01

インドネシア料理の魅力の一つはスープの多様性でしょう。甘味が強いものから塩気があるものまで、様々な味のスープが存在します。

「インドネシア料理は味が強くてちょっと…」という声もたまに聞きますが、そういう時こそスープを試してみると良いです。

特にミルク系のスープは味もさっぱりしていて食べ飽きない味です。ミルク系スープと言えばSoto Betawi(主にサンタンと呼ばれるココナッツミルクを使う)がポピュラーですが、今回は少し珍しい山羊スープの有名店をご紹介します。

山羊スープ一本で有名店、DUDUNG ROXY

今回も「実力のある名店」が集まるKuningan(クニンガン)エリアのMal Ambassador(モールアンバサドール)より。

Lantai4のフードコートエリア奥地に構えているのがDUDUNG ROXY(ドゥドゥンロクシー)です。

普通に歩いていると「その他大勢」のお店として見落としがちですが、インドネシアで実はなかなかの有名店。実際に店名などを調べてみるとかなり情報量も多く、ファンが多いことがうかがえます。

 

実に男らしい一本気のあるメニュー

何が有名かというと、SOP KAKI KAMBING(山羊の足のスープ)。メニューを見ると一目瞭然です。

非常に潔いメニューです。Mal Ambassador店ではSOP KAKI KAMBINGとSOTO BETAWIの2種しか展開していません。

店頭も肉!以上!

大のSOTO BETAWI好きである筆者ですが、ここはぐっとこらえて今回はSOP KAKI KAMBINGを頼んでみました。

価格の通貨はIDR、R=Ribuで1,000、税サは抜きです。

 

SOP KAKI KAMBING / 40 R

なんとも綺麗な真っ白いスープ。ココナッツ系(サンタン)のスープは他に何度も食べていますが、今まで見た中で一番白いといっても過言ではない白さ。それもそのはずで、何やらこちらのスープは牛乳を使っているのだとか(インドネシアの友人談、店舗には聞いてません!)。

ミルクのコクがありますが甘いわけではなく、丁寧なしょっぱさ、と言うのでしょうか?少し洋風な感じがしなくもない味付けです。インドネシア料理の中ではかなり珍しい部類の味かもしれません。

今回はいろんな部位をCampur(ミックス)にしてもらったのですが、山羊肉がゴロゴロ入っていました。

このスープ一本でのし上がってきたのか、と思うと感慨深いですね。男としては浪漫を感じてしまいます。ラーメンのような浪漫がある。

 

店舗情報&まとめ

モールまで来るのが面倒、という人はGo Foodでもオーダーできます。ただ、店頭より価格帯が少し高いです(Go Foodへのfeeを価格に載せているため)

インドネシアの山羊肉は少し癖が強いので、臭みが苦手な人はご注意ください。

今回のDUDUNG ROXY以外にもまだまだ隠れた名店が眠るMal Ambassador。インドネシア全土の料理が食べられて、変わったところだと犬まで売っています(今はわかりませんが昔一度トライしました)。

美味いローカルフードを気軽に食べたい!という時にはおすすめです。

今回はMal Ambassadorの店舗情報を記載しておきます。DUDUNG ROXYは大きなモールにもいくつか入っていますので、興味がある方は店名で検索などしてみてください。お住まいや滞在先の近くにあるかもしれません。

店舗情報
店名 Dudung Roxy
所在地 Mall Ambasador Lantai 4 Jalan Dr. Satrio Karet Kuningan Setiabudi, RT.11/RW.4, Karet Kuningan, Jakarta Selatan
電話 なし
営業時間 10:00-20:00
Web なし

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スマホ用広告スペース

スマホ用広告案内

Adsense

こんな記事も読まれています!

-レストラン情報, 手軽で美味いローカルレストラン
-,