レストラン情報 ボゴール ジャカルタ以外のレストラン情報

執筆者: jakameshi

ボゴールの超有名カフェレストラン、レモングラス(Lemongrass)で固いティッシュを食べた話

2018/02/01

ブログタイトルは「ジャカルタ飯」ですが、今年はレバラン休暇を利用してボゴールへ来ました。

ボゴールはジャカルタから電車or車で1時間弱の、ジャカルタ南に位置する街でジャボデタベック都市圏の一部となっています。ジャカルタからすぐに車で来れる距離にありますが、気候は少し緩やかで涼しい。

今回初めて知ったのですがボゴールは「雨のボゴール」と呼ばれているのですね。今年はジャカルタも乾季なのに連日雨に追われていますが、雨のボゴールもその名に負けじと連日大雨です。

動物園や植物園、その他豊かな自然を活用した観光スポットがいくつかあるのですが、今回はインドネシア知人の自宅でゆっくりとレバランを過ごしているため遠出はせず。

さすがにそれだとヒマを持て余してしまうので、ボゴールでも有名なカフェレストラン「レモングラス」を訪ねてきました。前評判に劣らず、かなり雰囲気の良いお店でしたのでご紹介したいと思います。ボゴールを訪れることがあればぜひ立ち寄ってみてください。

観光スポット的な扱いの有名店

「レモングラス/Limongrass」はボゴールの観光情報を調べるとたまに観光スポットとして挙げる人もいるくらいの超有名店舗です。

知人曰く味は「Biasa」で普通とのことですが雰囲気が最高で、インドネシア人が大好きなおしゃべり&セルフィーをするためのスポットとして近年常にちやほやとされているカフェレストランの一つです。筆者も名前だけは聞いたことがあったのでいつか行ってみたい店リストの中には入っていました。

 

ボゴールらしい、植物を活かした開放的空間

お前にボゴールの何がわかるんじゃい、と言われると辛いのですが、訪れた感想は「ボゴールらしい植物を活かした、開放的空間」です。ごちゃごちゃしたジャカルタではなかなか見つけられない、大量のグリーンと広々とした空間使いが印象的です。

大通り沿いに探していくと、いきなりこのような建物が目に入ります。噂通り、めっちゃ混んでる!

レモングラスの外観

さらにおしゃれ店舗の常套手段、「入口がどこかわからない」デザインです。右手に目をやると期待感を煽るような細道が現れます。

レモングラスの池

この池(?)の右わきに小道があります

 

店舗入り口の小道

この小道が入口

 

レモングラスの通路

期待を煽るいやらしい作りです

 

長い、といっても数メートルですが、通りを抜けるとそこは……南国らしい色合いを活かした、気持ちの良い中庭が広がります。

中庭

文章で伝えるのがなかなかに難しいのですが、最初の通りを「クイツ」と折れて店舗に入ると、右手に中庭、左手に建物があります。どちらも客席として利用可能。

残念ながら今回はすでに混み合っていて、テラスに席を取ることはできませんでした。また、さすが雨のボゴール、雨がすでにパラパラ降っていたため中庭の席はCLOSE。せめて写真だけも~ということで一人中庭に降り立ちました。

本当に開放的で気持ちが良い

本当に開放的で気持ちが良い

 

バースペース

中庭だけのバースペースも

 

リゾートのビラに近いかも

リゾートのビラに近いかも

 

中庭も素敵ですが、建物内の店舗も良い雰囲気です。

IMG_7065

中庭

建物側は「鬼混み」であまり動き回れませんでした。もう少し人が少なければ理想的なんですが……店舗としては客が多い方が良いですし、難しいテーマですよね。

 

フードメニューはいたって普通だが……

インドネシア系のレビューサイトでも「飯は普通だ」と書かれていたのですが、実際に揃えも値段も普通です。あくまでインドネシア系のKOPITIAM(古い喫茶店のような区分け)ですので、食事もSotoのようなインドネシア系フードがメイン。ドリンクもまぁジャカルタではよく見るような並びです。

一点だけ気になってしまったのはこれ(価格は税抜き、R=ribu Rp)。

ロティティッシュ ミロソース/Roti Tissue Nutella Milo (29.9 R)

IMG_7072

ロティティッシュ。ティッシュです。何かと思ってオーダーしたら、パリパリに薄く焼いたパン。

固いティッシュって、何か違う気もしますがまぁ置いといて。

ロティ=パンなのですが、カリカリのクレープとも形容できるかもしれません。メダン地方でよく食べられるそうです。

そしてこいつ、思った以上にでかい。

ロティティッシュ

遠近差が出てさらにわからねーよ、という意見もあるかもしれませんが、グラス丈の2倍は効かない大きさです。

Roti Tissue

さあ、俺を食ってみろ、と言わんばかりの挑戦的な風貌

 

どこから手をつけていいのかわからずシドロモドロしていたら、同席していたインドネシア人たちが「パリッ」と手で向いて食べ始めました。

「あ、それでいいのね」ということで手を汚す覚悟をし、筆者も参加。

IMG_7078

こんな感じで向いて食べていきます。

他にもアイスクリームやジュースを頼んだのですが、そつなくBiasaだったので割愛します。

 

まとめ&店舗データ

食べ物は本当に普通すぎましたが、雰囲気はかなり素敵なレモングラス。

もう少しメニューが良ければ……とも思ってしまいますが、ここはボゴール。ジャカルタよりもさらにローカルなエリアです。あまりエキセントリックに寄せてしまっても客が離れてしまうのかもしれませんね。というわけでもし訪れるのであれば、このロティティッシュ片手に中庭の雰囲気を楽しみましょう。

<店舗データ>
店名:LEMONGRASS
所在地: Jalan Raya Pajajaran No.21, Kelurahan Bantarjati, Kecamatan Bogor Utara, Kota Bogor, Jawa Barat
営業時間:10時00分~22時00分
電話: +62 251 8328800

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スマホ用広告スペース

スマホ用広告案内

Adsense

こんな記事も読まれています!

-レストラン情報, ボゴール, ジャカルタ以外のレストラン情報
-, ,