レストラン情報 ゆっくりコーヒーを楽しめるカフェ

執筆者: jakameshi

ジャカルタNO1のカフェで飲む至高の一杯、ギヤンティコーヒー(Giyanti Coffee)

2018/02/01

その都市で最高のカフェはどこか?

難しい質問です。なぜならカフェは雰囲気、味など様々な評価要素がありますし、好みも人それぞれです。ただ、ジャカルタの場合は難しくない質問かもしれません。ジャカルタで1位のカフェは?と聞かれたらこう答えることができます。

それは「Giyanti Coffee」です。

 

現地人からも、外国人からも1位の評価

上述しましたがカフェの評価って一概にはできませんよね。でも、Giyanti CoffeeをBestとしてご紹介するのには根拠があります。

オンライン上で口コミが広まっていたり、Best Coffee系の記事で必ず取り上げられたり、という理由もあるにはありますが、それだけだとBest CaféではなくBetter Café 止まり。この店にはもっと客観的で明確な評価があります。

  • インドネシアっ子がよく使うレストランレビューサイト「ZOMATO」のBest Caféの評価ランキングで1位。
  • 外国人ご用達の旅の口コミ情報サイト「Trip Advisor」Coffee & Teaの評価ランキングで1位。

という2冠を達成しているからです。しかも、筆者が記憶するにTrip Advisorのランキングは不動の1位。筆者がジャカルタに住み始める以前、2年以上前から1位をキープしています。名前をよく聞くよね、というレベルではなくコーヒー好きから圧倒的1位の評価を得ていると言っても過言ではないでしょう。

 

メンテンの奥に広がるまさに隠れ家

Giyanti Coffeeは少しわかりにくい場所にあります。メンテンエリアの骨董通り沿いにあり、脇道を奥に入ったところでポツンと営業しています。

この雰囲気の通りが目印!

ずらりと並ぶ骨董店

 

Giyantiの看板です

この看板が目印

 

看板の奥の通路

看板の奥の通路

 

え?ここに本当にあるのかよ?と地図を見ながらも不安になるレベルのひっそり感。脇道を抜けるとそこは雪国、ではなくGiyanti Coffeeです。

開放的な空間

開放的な空間

 

座席の配置は少し狭いかな

座席の配置は少し狭いかも

 

店内の蝶

なぜか上空には蝶

 

店内は手作り感が溢れる、少しレトロな味わい。中心地にある都市型インテリアとは異なり味わい深く、クリエイティビティを感じます。今回訪れたのは平日午後。こんなわかりにくい場所にあるにも関わらず、いつも変わらずコーヒー好きのローカルが集まっています。

Giyanti Coffeeの店内の様子

ややおっさんが集まる店内

 

Giyantiのスナック系メニュー

コーヒー用スナックも

 

おもちゃボックス

おもちゃも売っています

 

シングルオリジンへのこだわり

他のカフェとは一線を画し、ジュース系の女子ウケするドリンクは一切出しません。提供しているのはコーヒー系ドリンクのみです。

Giyantiのメニュー

至極シンプルなメニュー

 

オーナー自らがインドネシア各地に足を運び、本当に飲ませたい豆のみを仕入れています。バリ、スマトラ、ジャワ、フローレス、パプアなどの各エリアの豆を厳選し、シングルオリジン(一種類の豆しか使わないこと)でサーブしています。

Giyantiの豆リスト

定期的に内容が変わる豆リスト

 

一度は飲みたい、Blue Batak (36K/VAT抜き)

Bluebatak2

たくさんある豆の中でも店舗がおすすめ、さらに筆者もおすすめするのが「Blue Batak」とう北スマトラの豆。海抜1600メートルの高地でバタック族が作り続けてきたコーヒーです。筆者は酸味の強めで華やかなコーヒーが好きなのですが、この一杯はまさに「華やか」という言葉がふさわしい。香りがありながらもコクがあり、ワインのような味わい方ができます。一杯を大切に飲める感じです。

 

ブラックおかわり、Toraja (36K/VAT抜き)

Torajaコーヒー

この日はもう一杯飲みました。でも、同じブラックコーヒーでも表情が違うから飽きずに飲めちゃうんですね。二杯目は日本でも有名なToraja。スラウェシの高地にあるトラジャエリアで作られるコーヒーです。こちらは日本でも高級コーヒーとして知られていますね。インドネシアだとまだリーズナブルな価格で飲めるのが嬉しい。だって国産だから。こちらもBlue Batakと味の方向性が似ており、酸味が強めのコーヒーです。

 

店舗データ

若者を中心に、ジャカルタのグルメコーヒー好きの心をつかんで離さないGiyanti Cofee。コーヒー好きの日本人にもきっと受け入れられる味だと思います。週末は激しく混み合ってしまうので、平日か、もし週末ならば午前早めに訪れると良いでしょう。

<店舗データ>
店名:Giyanti Coffee Roastery
住所:Jalan Surabaya No.20, Menteng, Jakarta Pusat,
電話:+62 21 31923698
営業時間:9時30分~17時30分

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スマホ用広告スペース

スマホ用広告案内

Adsense

こんな記事も読まれています!

-レストラン情報, ゆっくりコーヒーを楽しめるカフェ
-,