レストラン情報 気軽にお酒が飲めるレストラン 日系レストランや居酒屋

執筆者: jakameshi

ジャカルタに酒が飲める日本式屋台が新OPEN!たんぽぽラーメン(TANPOPO RAMEN PONDOK INDAH)

2018/03/20

TANPOPO RAMENの屋台

インドネシアには伝統的なカキリマという屋台があります。「石を投げればカキリマに当たる」と言っても過言ではないくらい、もういたるところで営業しています。朝、昼、夜、それぞれの時間帯のカキリマがあり、飯時になると賑わうのです。

カキリマについては下記エントリをご参照ください。

▶ジャカルタでカキリマ(移動式屋台)を食べよう!安全なカキリマの見分け方は?

さて、ジャカルタに住んだことがある、もしくは住んでいる日本人の方であれば、一度は思ったことがあるはずです。

「あー、日本の屋台が懐かしいなぁ、新橋みたいな酒飲めるワルンないのかよ?」

「あるんです」

正確に言うと、新しくOPENしました。

筆者もずーーーーーっと思っていました。誰かブロックMあたりをリブランディングして屋台街とかにしちゃえばいいのにって。

それがついにできた!

ガンダリアの通り沿いに見える赤ちょうちん

場所はガンダリアシティの少し脇のところ(ブロックMではありません)。太めの幹線道路「Jl.Sultan Iskandar Muda」沿いにあります。道路を走っていると、お祭りのような「ぼや~~~」っと暖かい光が見えるはずです。あの広い駐車場に見えるお祭り敵な雰囲気は何だ??

日本の屋台を彷彿とさせるジャカルタのTANPOPO RAMEN

これがジャカルタにOPENした日本料理のワルン「TANPOPO RAMEN」です。

TANPOPO RAMENは、料理人として日本でキャリアを積んだ日本人シェフがプロデュースしています。さすが日本人が仕切っているだけあり、日本人の心をくすぐる雰囲気が演出されています。

TANPOPO RAMENの屋台

懐かしい提灯とおでんの暖簾

 

横一列に並ぶTANPOPO RAMEN屋台の様子

横一列に並んで盛観です

 

TANPOPO RAMENの屋台を客席から撮影

客席からパシャリ

 

TANPOPO RAMEN客席の様子

むしろ客席をパシャリ

 

 

祭り感溢れる、気軽に頼めるメニューたち

新橋の屋台というよりも「夏のお祭り」に感じなくもないですが、このTAMPOPO RAMENは雰囲気だけじゃなく味も価格も素敵です。

おでんは一品5,000 IDRから。焼肉やラーメンも30,000 IDR程度で楽しめます。ビールも販売しているので、ビール片手に「ちょい飲み」をジャカルタのど真ん中で楽しめちゃいます。ちなみにお酒の持ち込みも自由です(2016年5月時点)。

今回は2名で訪問。焼肉をつつきながら缶ビールでくいっと一杯やってきました。メニューをいくつかご紹介します。

サーモン寿司(35 R)

TANPOPO RAMENのサーモン寿司です

こちらは常設メニューではないらしいのですが、「今日は寿司があるよ!」とのことでトライしてみまたサーモン寿司。写真の見た目よりも切り身が厚く、美味しくいただきました。他の日に訪問しても食べられるかどうかはわかりません……。

おでん(5,000 R/1品)

TANPOPO RAMENのおでん

屋台といえば外せないのがおでん。やっぱり頼んじゃいますよね。価格は明朗会計の一品5,000 IDR。でも、甘くみないでください。このおでん、激うまです!!!

きちんと丁寧にとったダシの香りがするんです。少しスモークな感じがするので鰹節かな?そしてそのスープがしっかりとしみ込んでいる。筆者の持論で「おでんの良しあしって大根を食べればわかる」と勝手に考えているんですが、大根をつまむ箸が止まらない、止められない。この大根の美味しさ、同行したインドネシア人にも伝わっていました。やっぱりコンビニのおでんとは違いますね(※)。

※インドネシアの日系コンビニではおでんを販売しています。

焼肉アラカルト(30,000 R)

この日、焼肉は、

  • ショートリブUS
  • 和牛ハンバーグ
  • 鶏もも

が選べるとのことでしたので、ショートリブと和牛ハンバーグをチョイス。

まずはショートリブ。

TAMPOP RAMENの焼肉

こちらはショートリブUS

 

七輪の業火に包まれるショートリブ

七輪の業火に包まれるショートリブ

焼肉用にカットされたお肉が5枚。お肉の味は焼肉用に選定されているためか、しっかりと脂の味がしました。炭による遠赤外線効果か、七輪スタイルによる魔法のせいか、箸が進みます。

インドネシアは「飲食店で金を払うのであれば、サービスされてなんぼ」という意識が強いため、日本風の「セルフ焼肉」があまりありません。店内を改装して、客席にコンロと排煙装置を付けているのにも関わらず、キッチンで焼ききったものがサーブされてしまうことも多々。この「七輪セルフスタイル」はとても嬉しいです。

次に届いたのはこれ。

TANPOPOの和牛ハンバーグ

そう、和牛ハンバーグです。アルミボックスに包まれたまま、待つこと10分ほど………店員判断のもと、まだ足りないということで火力を強化します。

炭火で七輪を仰ぐ

このウチワのデザインがたまりません。このパタパタと仰ぐ感じ……日本の夏を思い出させます。さて、さらに待つこと5分。

TANPOPO RAMENの和牛ハンバーグ

これが完成形。そしてこの味が最高。筆者のボキャブラリーで伝えきれないのが心苦しいのですが、薄味できちんと肉の味を活かした和風ハンバーグです。煮凝り的なソースにキノコ(しいたけ?)から出た風味も混ざり込み、なんとも優しい味付けになっています。これを30,000 IDRで食べれるなんて信じられない……が、食べれるんです。MUST TRY、インドネシア風に言えばHARUS COBAな一品。

醤油ラーメン(35 R)

TANPOPOの醤油ラーメン

同行したインドネシア人に「まだ食うの?」と引かれながらも頼んでしまったラーメン。だってここは屋台。締めのラーメンを食べるのは日本人として生まれてしまったもはや業。感じのお味は、さっぱりしたシンプルな味付け。専門店と比べてしまうとうーんとなってしまいますが、屋台ですから。サイズは小腹を埋めるのにちょうど良いサイズです。

2017年8月13日追記:リニューアル後にラーメンメニューは撤廃されたそうです。

まとめ

つらつらと食レポを書かせていただきましたがいかがでしたでしょうか。

TANPOPO RAMENの本日フルセット

これがジャカルタに欲しかった……ちょい飲み屋台フルセット

 

ジャカルタの喧騒の中に、ぽつんと営業する暖かい屋台の光。嬉しいのは、これが見かけだけではなくきちんと味も楽しめる、というところですね。さらに、いつまでやっているかはわかりませんが、OPENして間もないということでInstagramキャンペーンもやっています。投稿して見せたらおでんが無料!

ぜひ、仕事帰りに同僚や友人とお立ちよりください。

店舗データ

店名:TANPOPO RAMEN PONDOK INDAH
住所: no. 99E, Arteri Pondok Indah, Jl. Sultan Iskandar Muda, Kby. Lama, Kota Jakarta Selatan, Daerah Khusus Ibukota Jakarta, インドネシア
電話:+62 877-7758-3858
営業時間: 18時00分~2時00分

■2017年5月20日追記。
読者の方より「閉店した」という情報をいただきました。残念ではありますが…復活の情報が入るまでは閉店扱いとして店舗情報斜線引いておきます。

■2017年8月13日追記。
読者の方より「営業再開を確認した」という情報をいただきました。嬉しいですね(情報をいただけたことも、営業再開されたことも)。ラーメンはやめ、鉄板焼き・焼肉・じゃぶしゃぶ屋として営業再開されたとのこと。ということで店舗情報復活しました。

次回訪れることがあればぜひ更新したいと思います!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スマホ用広告スペース

スマホ用広告案内

Adsense

こんな記事も読まれています!

-レストラン情報, 気軽にお酒が飲めるレストラン, 日系レストランや居酒屋
-, ,