レストラン情報 その他のお店

執筆者: jakameshi

ジャカルタで餡子が恋しくなったら、シロクマカフェ(SHIROKUMA)

2018/03/19

インドネシアのお菓子は甘ったるいです。無類の甘味好きな国民性なので、適度な甘さという感覚は皆無。

さらに、合成着色料や化学調味料が大好きです。日本だと消費者に拒否されるレベルの、虹色のパンやお菓子が跋扈しています。

日本のお菓子って美味かったな・・・

こっちに来て如実に感じるようになりました。

コンビニで売っている、各種メーカーさんからのお菓子も美味しった。

そして何よりも伝統的な餡子。

さらに抹茶。

苦みと自然な甘みが懐かしい…

そう感じたあなた。安心してください……ジャカルタでも餡子と抹茶を楽しめます。

抹茶に心打たれたインドネシア人が開業したシロクマカフェ

その名もシロクマカフェ(SHIROKUMA)
ジャカルタのシロクマカフェ

日系ではありません。オーナーさんはインドネシア人女性です。オーナーさんが日本を訪れた際、「和菓子」に感動し、ついにはジャカルタで和菓子カフェを開いてしまったのだとか。

元々はPIK(Pantai Indah Kapuk)という、スカルノハッタ空港寄りにある「食の街」のような場所で1店舗目をOPEN。あれよあれよ、と大人気になり、2号店をジャカルタ中心地の一流モール、Grand Indonesiaに出店しました。

さて、肝心のお味。

さすがきちんと日本の味を知っているオーナーが仕掛けているだけあり、日本の味がします。

抹茶ぜんざい
抹茶アイスクリームはしっかりと苦い。

白玉と餡子のぜんざいも、甘すぎず飽きない味。

インドネシアなのでカラフルなアイテムも、心なしか淡いパステルカラーでまだ許せるレベルの着色。

肝心のお値段。

決してインドネシア人にとって安い価格!というわけではありませんが、頑張って餡子や抹茶などを使っている割には安いかもしれません。

ぜんざい(31,000 IDR)+抹茶ソフト(12,000 IDR)+白玉追加(5,000 IDR)、で48,000 IDR。

ソフト4段重ねは20,000 IDR。

さて、今回は写真を取れなったのですが、ここではもう一つ面白いものを見ることができます。
スノーアフォガド

SNOW AFFOGATO。
綿あめです。

お店の公式Webから写真を持ってきましたが、実際にサーブされるのはこれよりもかなり巨大。顔より大きな綿あめに、エスプレッソ的な何かが付いてきます。

それを、綿あめの上からかけるんです。

最後は綿あめをエスプレッソ的な何かに押し込んで、ドリンクになる。

このプロセスがインドネシア人にはたまらないのでしょうね。

筆者はまだ食べたことがありませんが、次回はぜひ挑戦してみたいです。

<INFO>
↓はPIK店舗。
住所: Ruko Crown Golf Blok A No. 32, Pantai Indah Kapuk, Daerah Khusus Ibukota Jakarta 14460
電話:(021) 29237523
営業時間:11時00分~23時00分

↓Grand Indonesiaの中にもあります。今回の写真はこちら。
Grand Indonesia Mall, Lantai 3A, West Mall, Jl. MH Thamrin, Thamrin, Jakarta
営業時間:10時00分~22時00分

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スマホ用広告スペース

スマホ用広告案内

Adsense

こんな記事も読まれています!

-レストラン情報, その他のお店
-,