レストラン情報 手軽で美味いローカルレストラン

執筆者: jakameshi

ジャカルタでじゃこ飯!スンダ料理のワルンダウン(Warung Daun)

2018/03/19

当りまえですが、海外で生活していると日本食が恋しくなります。では、いったい何が恋しくなるのでしょう?

お寿司?
焼肉?
お刺身?
納豆?

このあたりがスタンダートなところでしょう。

これらのスタンダートラインナップは、ジャカルタでも食べることができます(往々にして高く、しかもそれほど美味しくはないのですが)。
海外生活も数カ月を超えるあたりから、本当に日常的な食事が恋しくなってきます。普段食べていた何気ない食事すべてが、我々にとっては「日本食」なんですよね。

・なすびの味噌汁が飲みたい
・黄色いたくあんをかじりたい、
・明太子で美味しい白米を食べたい、
・ジャコご飯食べたい、などなど。

これらの細かい「食」も探せばあるのですが、探すのに一苦労だったり、日本からの輸入品で日々食べるにはつらい価格だったり。

そんな時、自分の中で「代替品」を持っていると助かります。オリジナルとは違うけど、うん、まあ、なんとなく欲求を満たせる程度にはなります。

ジャコご飯にすごく似ているナシリウェット

ピンポイントですが、今日は筆者がジャコご飯的に食べている「ナシリウェット(Nasi Liwet)」をご紹介します。

こいつです。
インドネシア風の炊き込みご飯、Nasi liwet
肝心の物撮り写真が消えていたのでメニューで勘弁してください。

スンダ地方で食べられている、スンダ料理というカテゴリーに入ります。レモングラスなどのハーブとともに、小魚(これがジャコっぽい)とご飯を蒸し上げる、炊き込みご飯ですね。

インドネシア料理は基本的に味が濃く、ソースで食材の味をごまかしながら食べる料理が多いのですが、このナシリウェットは味がタンパク!

めちゃめちゃ美味しいのか?と言われるとそうでもないのですが、日本食を食べるよりも安く「じゃこ飯」的な雰囲気を楽しめるので、筆者は見かけるといつも食べてしまいます。

少し大きめのインドネシアレストランなどに行けば置いてあることがありますが、スンダ料理専門店に行くのが間違いないでしょう。

先に別エントリでご紹介したララジョングランよりほんの少し北側に「ワルンダウン(Warung Daun)」というスンダ料理のお店があります。

ワルンダウンは店内もこぎれいにしてあり、たまに外国人が来店することもあります。
ワルンダウンの雰囲気

価格もそこまで高くはないので日常的に使えるでしょう。
ナシリウェットの価格

ナシリウェットは35 Ribu IDR(320円くらい)から楽しめます。

炊き込みご飯以外にも、魚のフライやバリサテなどスンダ以外のお料理も楽しめます。

魚のフライ(Goreng)
これがフライ。
これがバリサテ。ジャワのチキンサテより美味い。
これがバリサテ。

あ~、なんかジャコ食べたいわ。

となったら思い出してみてください(スーパーでジャコ買うとものすごく高いので!)

<INFO>
住所: Jl. Cikini Raya No.26, Daerah Khusus Ibukota Jakarta 10330
電話:(021) 3910909
営業時間: 11時00分~22時00分

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スマホ用広告スペース

スマホ用広告案内

Adsense

こんな記事も読まれています!

-レストラン情報, 手軽で美味いローカルレストラン
-,