レストラン情報 手軽で美味いローカルレストラン

執筆者: jakameshi

インドネシアのサイゼリア!激安インドネシア料理レストランのディーコス(DCOST)

2018/03/19

日本にいたころ、よくサイザリアに行っていました。The,庶民の味方。

日本にサイゼリアがあるなら、インドネシアはディーコスがあります。

お財布の強い味方、サイゼリア的な安さのインドネシアンレストラン「ディーコス」

ジャカルタに住み始めの頃はインドネシア料理も新鮮で美味しく感じますが、3ヵ月もすると飽きます。

味の方向性が甘辛で、すべて同じ味に感じてしまいます。

とはいえ、毎日居酒屋で日本食を食べるのもお財布的に厳しい。

そんな時に筆者が頼っているのがファミレス的インドネシアレストラン。

D'COSTというお店です。

インドネシアのサイゼリア、ディーコス
<D’COSTのキービジュアル>
(写真はD'COSTのオフィシャルWebより拝借)

スンダ料理とかも混ざっていますが、味付けはチャイニーズに近いですね。

筆者の中では「インドネシアのサイゼリア」と位置付けています。つまり、庶民の味方ですね。

ミドル以下の超ローカルモールに入っていることが多く、中心地だとモールアンバサドール(Mol Ambasador)やプラザセマンギ(Plaza Semanggi)に入っています。

オーダーの仕方はシンプルで、下記の流れです。

  1. 中に入ると小さなメニュー札が並んだメニューウォールがあるので、食べたいものを選んでチケットを取ります。
  2. 「ご飯」、「お茶」、「サンバルソース」はフリーなので、特にナシゴレンが食べたい!という時以外はご飯ものは控えます。
  3. サンバルは普通のサンバルと、パパイヤサンバルがあります。両方欲しいと言えば両方くれます。
  4. 座席に座り、チケットを渡して料理を待ちます。ご飯とお茶は持ってきてくれることもありますが、筆者は自分で盛りに行きます。学食みたいにフロアの端っこに炊飯器があります。
  5. 食べ終わったら、レジに行って支払います。

筆者は野菜を摂取したい時に立ち寄ることが多く、空芯菜炒めなどの青菜系と、シーフード屋なので貝類を頼んでご飯をモリモリ食べています。

青菜が美味しいDcost

<空芯菜ことカンクンは一番右のやつ、一盛り22,000 IDR> (写真はD'COSTのオフィシャルWebより拝借)

 

シーフードもいけるDcost

<たまにこの貝も食べてます> (写真はD'COSTのオフィシャルWebより拝借)

あと、スンダ系のサユールアセム(コーン入った酸っぱめのスープ)は口に合いませんでしたが、トムヤムスープ(30,000 IDR以下の値段たったかと)は具沢山で美味です。

 

まとめ&店舗情報

お店はいつもインドネシア人の家族連れや学生たちで賑わっています。

子供が騒いでも誰も叱らないのでうるさいのはローカルのご愛嬌。

安さには代えられない・・。

D’costの看板を見かけたらぜひチャレンジしてみてください。

<INFO>
店舗が多いので取りえず筆者がよくいく店舗を。
店名:D'COST Seafood Mal Ambasador
住所:
Mal Ambasador, Lt. 5, Jalan Professor Doktor Satrio, Daerah Khusus Ibukota Jakarta
電話:(021) 57937888
営業時間:11時00分~21時00分
WEB:https://www.dcostseafood.com/

最近気になるのはD’COSTにD’COST VIP、という業態ができたこと。

サイゼリアがサイゼリアVIPを作るようなものです。

これは悪手ではないか…と思いつつなかなか足を踏み入れられておりません。

訪れた暁には必ずレポートしたいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スマホ用広告スペース

スマホ用広告案内

Adsense

こんな記事も読まれています!

-レストラン情報, 手軽で美味いローカルレストラン
-,