レストラン情報 気軽にお酒が飲めるレストラン 手軽で美味いローカルレストラン

執筆者: jakameshi

これぞまさに豚ヘブン、ジャカルタ中心地のおすすめ豚レストラン「ポケンビル(Pokenbir)」

2018/03/20

我々日本人は豚をよく食べます。しかし、ここインドネシアはイスラム教徒中心の国(豚を食べるのは禁忌)。

インドネシアに住んでいて一番困ることの一つが「豚不足」ではないでしょうか?豚を食べられる場所の情報なんてそうそう出回らないのです。

そして陥るのが「豚ロス」

圧倒的に豚を食べる頻度が下がります。そして豚が食べられなくなると何が起こるか?

そう、口内炎が治りにくい(ビタミン不足)などの深刻な症状が出たりします。いや、マジでけっこう体調崩したりしますよね?豚食べないと。さらに酒好きとなると酒と相性の良い「豚」を食べられないのはけっこう厳しいものがあります。

さて、意識して食べに行かねば「豚ロス」に陥るため、豚が食べられる場所情報は貴重だったりします。日系の居酒屋などに行けば豚を出してくれるところはあるにはあるんですが、割高なこともしばしば。

そこでローカル系レストランの出番になります。

以前、過去記事でウダビストロという外国人にも人気の豚レストランを紹介しました。

▶ジャカルタでも豚とビールがお手軽に!ウダビストロ(Ya Udah Bistro)

また、上記以外にもコタに行けば中華系の美味しい豚を食べさせてくれるお店もあります。しかし如何せんアクセスが・・。いちいち一食のためにコタまで行っていられないのですよ。

今回は、まずアクセス良し(あくまで筆者が住むジャカルタ中心地から)、そしてコスパもよし、のまさに豚の天国…豚ヘブンをご紹介します。

クニンガンで営業する豚専門レストラン「ポケンビル」

その名も「ポケンビル(Pokenbir)」。

クニンガンエリアのLippo Kuninganというとっても綺麗なオフィスビルの1F にあります。少し奥まった場所にあり、長い通路の先に見えるのがエントランス。
Pokenbirエントランス
まだインドネシア人の間でもそこまで有名ではありません(2016年執筆時点)。ましてや日本語での情報はほぼ皆無だと思われます。

なぜかというと、まだOPENして間もないというのもありますが、彼らは積極的な宣伝をしていないからです。良いお店は美味しい料理を出していれば勝手に口コミが広がる、というポリシーを持っているそうです。なかなかこだわりの強いお店ですね。

エントランスからもチラリと見えましたが、店内は清潔感があり、とても落ち着いた雰囲気です。

Pokenbir店内1

Pokenbir店内2

Pokenbir店内3

Pokenbir店内4

やはり「豚」ということでワインやビールも置いてあります。
ワインたち

ビール
顧客はもっぱら華僑系なので酒飲みが多いです。

 

中心地×豚のくせに価格が安い!まさに豚ヘブン

さて、このPokenbir。インドネシア人の口コミ投稿を見ても「Pork Heaven」と題されるほどの豚ヘブン。理由はその価格の安さです。

Pokenbirフードメニュー1

Pokenbirメニュー2

ハーフサイズからにはなりますが、豚メニューが45,000 IDR~食べられます。ご飯ものでもほぼ50,000 IDR前後。さらに酒も安い。

Pokenbirドリンクメニュー
ビンタンが32,000 IDR。内装とは裏腹になんて良心的な価格設定なのでしょうか。儲ける気あるのか?普通、このエリアでこの内装だともう少しふっかけてきますよ。

今回は合計3名で来店し、頼んだのは下記3つのみ。
・スープ
・サラダ
・豚肉盛り合わせ!

 

Bak kut (55 R)

Bak kut
こちらは中華系の少しサワーなスープ。同行してもらったインドネシア人のおススメです。中に豚が入っているのですが、豚よりも野菜のアクセントが強い。高菜的な野菜の歯ごたえがしっかり残っており、非常に美味です。なかなか他のお店では食べられない味でした。

 

Ceasar Salad Half(42 R)

Ceasar Salad Half
シーザーサラダはシンプルにザ・シーザーサラダの味。インドネシアのシーザーサラダはたまに変な臭いのする「勘違いシーザー」が出てくることがありますが、そのようなこともなく美味しいです。

 

Mix Platter (200 R)

こちらがこのお店ごり押しです。メニューのサブタイトルは“Everything about pork in here”。これ一枚で全部食べられるぞ、と。

店員に「3人前ならちょうどいいくらいよ」と言われ頼んだプラッターがこちら。

Mix Platter 1
でかい!!!

写真だけではうまく伝わらないのですが、このお皿は25cmくらいあります。
Mix Platter 2

こちらは甘い味付けのベーコン。
Mix Platter 3

こちらはサテ。
Mix Platter 5

豚ブロック肉のローストに、塩味ベーコン。
Mix Platter 4

無残すぎて写真には残していませんが、全部食べ切れずに爆死。
1/3ほど持ち帰る流れとなりました。

肝心のお味は、少しさっぱり(しすぎ)系の豚です。
正直日本の豚専門店と比較してしまうとジューシーさが足りないのですが、この価格と、ここがジャカルタだということを考えるとかなりありがた~いお店です。

各自ビールとジュースを一杯ずつ飲み、VATとサーチャ込で合計450,000 IDR(一人150,000 IDR)。この価格には同行したインドネシア人チームも「安い」の一言。

やっぱり安いって素敵ですよね!!

「豚食べてないな」

そんな夜には豚にがっつきながらPokenbirでビールとワインをいただくのはいかがでしょうか。

ちなみに!全席禁煙なので喫煙者はご注意ください。

ビルの外に出ないと吸えません。

 

店舗データ

店名:Pokenbir
住所: Lippo Kuningan, Jl. HR Rasuna Said, Setiabudi, Jakarta
電話: 021 2911 0145
営業時間: 10時00分~22時00分

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スマホ用広告スペース

スマホ用広告案内

Adsense

こんな記事も読まれています!

-レストラン情報, 気軽にお酒が飲めるレストラン, 手軽で美味いローカルレストラン
-, , , , ,