インドネシア/ジャカルタの生活や文化

WRITER: MR.K

【インドネシアアート探訪】アチェのVisual Artist Rubenさんとの出会い

ジャカルタに住んでいると何か無性に絵画が欲しくなる...

のは私だけでしょうか?

ローカルマニアック担当のMR.Kです。

ジャカルタやインドネシアに住んでいると日本に比べ様々な所で絵画が展示されていたり、売られていたり、はたまた帰任される方に絵をプレゼントされているのを目にされた事はあるかと思います。

私もそれに影響された一人なのですが、一番衝撃を受けた絵画はFatmawatiにあるMondo By The Rooftopさんにお邪魔した時。

壁画一面にバリ島のBalonが大きく描かれているのが良い意味でショックを受けました。

私もあの絵が欲しい…。

でもアパートの壁に書いてもらう訳にもいかないので、連絡先を探し辿り着いたのがアチェの絵画アーティストのRubenさんでした。

お話をお聞きすると色々なコンテストに出品され様々な賞を受賞されている方のようで、こちらにRubenさんからPortfolioを頂いたのでご確認下さい。

私も何かオリジナルの絵画を一枚製作して欲しいとお願いした所、快よく承諾して頂きました。

私のイメージではインドネシアの文化を取り入れた物、すなわちインドネシア独立から始まり、その象徴のガルーダのサンプル画像を送り、あーではない、こーではない、こーしてほしいとのワガママな要望をお願いし製作期間1ケ月程でこちらの絵を完成して頂きました。

結果は私の要望が多かった為、2枚となりましたが2枚の絵が隣り合って初めて成立する絵として頂きました。

 

絵の題名: Indonesia Bersatu

 

Rubenさんへ絵画製作の依頼はこちらまで→ officek11.indo@gmail.com

皆さんも有名アーティストによるオリジナル絵画はいかがでしょうか。

値段はそれなりにしますが、所有感のある満足いく仕上がりになると思います。

私の最高の宝物となりました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スマホ用広告スペース

スマホ用広告案内

Adsense

こんな記事も読まれています!

-インドネシア/ジャカルタの生活や文化