インドネシア/ジャカルタの生活や文化

サンバルソースってどうやって作るの?原料は何?

激辛ソースの代表格のサンバルソース。タバスコのように一度ハマると手放せない中毒性があります。

あの美味しさは一体どこから来るのでしょうか?

サンバルソースの原料は何なのか…どうやって作られているのか…?

サンバルソースの本場、インドネシア在住の筆者が解説します。

基本は唐辛子と香味野菜の組み合わせ

最も基本的な組み合わせは『唐辛子』と『香味野菜』です。

具体的には下記を組み合わせることが多いです。

  • 赤唐辛子
  • エシャロット(赤玉ねぎ)
  • ニンニク
  • 胡椒

これらの材料をすり潰し、油で軽く炒めれば完成します。

インドネシアではサンバルを手作りする人も多く、すり潰す際は「Cobek(チョベッ)」と呼ばれる石鉢のようなものを使います。

 

この投稿をInstagramで見る

 

VANJA van der Leeden(@vanjavanderleeden)がシェアした投稿

筆者も現地でインドネシア人のおば様に師事してトライしてみましたが、これがまたかなりの重労働…!

でも自分で作ったサンバルソースは愛着も湧き、とても美味しかった記憶があります(笑)

 

トマトやライム、小エビなどでアレンジ

先述の「基本的な組み合わせ」に、「お好みの素材」を組み合わせることでサンバルの味は広がります。

例えばトマトをすり潰すとちょっとイタリアンな雰囲気(?)のサンバルになりますし、ライムやレモンでスッキリした味にすることもできます。

アンチョビや小エビのペーストを入れればシーフード風味にできます。

変わり種でいくとマンゴー(熟す前)を入れることも。

これは筆者の勘ですが、日本で売られている「しし唐」を軽くまぜても美味しいと思います。

 

加熱しないサンバルもある

油で熱しないサンバルソースも存在します。

主にバリ島でよく食べられる「Sambal Mata」というサンバルは材料を加熱せず、すり潰しもしません。

 

この投稿をInstagramで見る

 

激辛堂(@gekikarado)がシェアした投稿

食材の食感や味をそのまま楽しむサンバルです。

作り方はものすごく簡単で、

  • 唐辛子
  • エシャロット(赤玉ねぎ)
  • レモングラス

を好きな分だけ輪切りにして混ぜます。

そこにライムと塩とココナッツオイル、お好みで小エビペーストやニンニクを混ぜて和えるだけ。

これだけで美味しい生サンバルのできあがりです。

ポイントになるのはさわやかな香りと強烈な辛さのコンビネーション。

多少原料を入れ替えてもそれらしいものができるので、日本在住の方も試してみてください。

 

サンバルに細かいルールはない

基本的な材料がそろっていれば、サンバルソースに細かいルールやレシピは無用です。

極端な話、唐辛子と塩が入っていればそれだけでサンバルソースと呼べます。

家庭でも簡単に作れるので、辛味が好きな方はぜひチャレンジしてみてくださいね。

ABOUT ME
jakameshi
ジャカルタ飯の主宰です。ジャカルタ在住で奥さんはインドネシア人。生活・仕事・観光・ご飯・国際恋愛…。守備範囲は広いです。最近はYoutubeチャンネル(ジャカメシちゃんねる)も始めました。ぜひチャンネル登録お願いします。