インドネシア/ジャカルタの生活や文化

インドネシア人の魂「サンバルソース」とは?

インドネシアの食文化を語る時に外せないものの、それが「サンバルソース」です。

見た目には「チリソース」なんですが、日本人が考えるチリソースよりも奥深い世界を持っています。

そんなサンバルソースの魅力についてご紹介します。

サンバルソースはインドネシア人の魂!?

日本人の食卓に醤油が欠かせないように、インドネシア人の食卓にサンバルソースは欠かせません。

 

この投稿をInstagramで見る

 

激辛堂(@gekikarado)がシェアした投稿

海外赴任や留学の際に日本人が醤油を持っていくように、インドネシア人にもサンバルソースだけは手放せない…という人がたくさんいます。

 

それもそのはずで、現地インドネシアで普通の生活をしていればサンバルソースを見ない日はありません。

高級レストランから道端の屋台まで、インドネシア料理あるところには必ずサンバルソースがあるのです。

お肉にも、魚にも、野菜にも、そしてご飯にも…あらゆるものにサンバルソースを付けて食べるのがインドネシア流です。

 

地域によって味も作り方もいろいろなサンバル

サンバルソースはすり潰した唐辛子に塩を混ぜたものがベースとなっています。

日本で出回っているものは、大手食品メーカーが長期保存できるように加工したものであり、どれも「チリソース」のような見た目をしています。

実際にチリソースのようなサンバルソースもありますが、インドネシア現地ではそれ以外にも様々なサンバルが存在しています。

そして地域制が現れるのがサンバルの面白さ。

例えば、魚介類が良く取れるエリアであれば、小エビのペーストを混ぜたSambal Terasiが名産として扱われます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sambal Bossku(@sambal_bossku)がシェアした投稿

バリではエシャロットなど香りの強い香味野菜をふんだんに混ぜ合わせたSambal Mataが有名。

 

この投稿をInstagramで見る

 

激辛堂(@gekikarado)がシェアした投稿

その他にも、トマトを混ぜたものや、マンゴーを混ぜたものなど、本当に多種多様なサンバルがインドネシアには存在しています。

それぞれが特徴的な味を持っており、ご飯に合うもの、魚に合うもの、マクドナルドのフレンチフライに合うもの…など用途も変わってきます。

 

引き継がれるおふくろの味もある

サンバルソースは「おふくろの味」的な側面もあります。日本の漬物のように、サンバルソースは家庭で簡単に作れます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

激辛堂(@gekikarado)がシェアした投稿

Cobek(チョベ)という石臼のようなものに、

  • 唐辛子
  • お好みの香辛料

 

を混ぜてすり潰すだけ。

食感を変えたければ少しオイルを入れます。

大手メーカーでなくとも、このように自宅で作ったサンバルを販売している小さな事業者がインドネシアにはたくさんあります。

有名なサンバルソースブランドは?

星の数ほどのサンバルが存在するものの、安く安定して手に入る大手ブランドもやはり大人気です。

サンバルソースで有名なブランドはいくつかありますが、代表的なのは『ABC』と『Indofood』でしょう。

どちらもインドネシアを代表する大手食品メーカー。日本でいう味の素社みたいなものです。

ABCは日本でも輸入スーパーで売っているので、見たことのある人もいるでしょう。Indofoodはまだ珍しいかと思います。

当然ながらこの2社以外にも美味しいサンバルブランドがたくさんありますが、日本にはなかなか入ることはありません。

ABCやIndofoodのサンバルソースはいわゆる『チリソース』ですが、それ以外のブランドでは手作りサンバルに近い味わいのものもあります。

ABOUT ME
jakameshi
ジャカルタ飯の主宰です。ジャカルタ在住で奥さんはインドネシア人。生活・仕事・観光・ご飯・国際恋愛…。守備範囲は広いです。最近はYoutubeチャンネル(ジャカメシちゃんねる)も始めました。ぜひチャンネル登録お願いします。