インドネシア/ジャカルタの生活や文化

サンバルソースと合う料理はこれ!サンバルと相性抜群なおすすめの食材をご紹介!

サンバルソースは基本的に何につけても美味しいです。しかしその中でも「黄金のペアリング」というものが存在します。

今回はサンバルソースの地元であるインドネシア料理の中から、サンバルソースが際立つ料理・食べ方をご紹介します。

フライドチキンとサンバル

インドネシア人は鶏肉が大好きです。多様な宗教が共存するインドネシアでも、鶏肉だけは宗教の縛りなく食べることができるからです。

当然サンバルソースを活用した鶏肉料理もたくさん。

特に多いのは「Ayam Goreng(アヤムゴレン)」と呼ばれる、「インドネシア風フライドチキン」とサンバルソースを組み合わせた料理です。

例えば「Ayam Penyet(アヤム ペニェット)」。

Penyetは「つぶす」という意味で、その名の通り食材をつぶしながら作ります。大量のサンバルソースを鶏肉に擦り付けた状態で供されます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

📍Jakarta | #XiaoChingCariMakan(@ericekos)がシェアした投稿

味はもう見たまんまで、「辛い」「美味い」「でも辛い」「でも美味い」が永遠に繰り返されます。

緑色の唐辛子を使った「Ayam Goreng Cabe Hijau(アヤム ゴレン チャベ ヒジャウ)」というパターンもあります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Dina Octarina(@octarinadina)がシェアした投稿

これは青唐辛子を使っているので、辛さの中にも少し野菜の青臭さを感じます。赤唐辛子よりも旨味が強調されます。

 

茄子とサンバル

独断と偏見を含みますが、「茄子」は鶏肉に負けないくらいサンバルソースのベストパートナーです。

中華でも「麻婆茄子」のように辛くして食べることがありますよね?

当然サンバルソースとの相性もパーフェクトなんです。

インドネシアでよく見かけるのは「Sambal Balado Terong(サンバル バラド テロン)」と呼ばれるSambal Baladoを使った料理。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hj.Ayu Dawati(@ayu_mazdhar)がシェアした投稿

茄子がいい感じに油を吸い上げ、同時に辛味も中に浸透していきます。するとなぜか茄子は甘味を発揮します。

茄子の自然な甘さと辛さが絶妙な美味しさを生み出すのです。

ちなみに、Sambal Baladoって何?という方はこちらの記事も参照してみてくださいね。

種類豊富なインドネシアのサンバル!おすすめ5選もご紹介!インドネシアのサンバルソースはいくつかの種類がありますが、その中でも特に日本人におすすめしたいサンバル5選をご紹介します。...

日本で食べる場合は「焼き茄子」や「揚げ茄子」にサンバルをつけて食べるだけでも美味しいと思います。

 

魚とサンバル

魚とサンバルソースのペアリングもインドネシアではよく見かけます。

日本でも「ピリ辛サンマ」のように、辛く加工して食べることがありますよね?

インドネシアの場合は辛味の量が半端ありません。

まず揚げた魚はこうなります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

HOBI MASAK(@hobimasak.id)がシェアした投稿

そして焼いた魚はこうなります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Marliana Hj Topit(@marliana_hj_topit)がシェアした投稿

もうサンバルソースで魚が見えません(笑)

インドネシアの場合は日本のように「塩だけ」で魚を食べることはまずありません。濃厚なソースで味をたっぷりと加えて食べるのが一般的。

サンバルもソースの一種なので、中途半端な量では誰も満足しません。しかしこれがまたビールに合ったりするんですね。

シンプルな焼き魚も美味しいですが、たまには「激辛サンバル焼き魚」も試してみてはいかがでしょう?

 

ジャガイモとサンバルソース

インドネシアではファストフードを買ってもサンバルソースがついてきます。

もちろん「フレンチフライ」につけるのもサンバルソース。

これが慣れてくると病みつきになります。

チリソース型のサンバルは「揚げ物」と非常に相性が良いです。フレンチフライはもちろん、「かき揚げ」や「野菜の天ぷら」につけて食べるのもおすすめです。

ファストフードとサンバルソースについてはこちらの記事もご参照ください。

サンバルソースはどんな食事に合うの?インドネシアの激辛ソース、サンバルソースはどんな食事にも合います。現地でよく見る食べ合わせから日本人におすすめの食べ合わせまでご紹介します。...

 

ソースなので「乗せる」か「つける」が基本

当然と言えば当然なのですが、サンバルソースは「完成されたソース」なので「料理の過程」で使うことはほとんどありません。

本場インドネシアでは出来上がった料理に「これでもか」とぶちまけて食べるのが一般的です。

どちらかと言えば「あっさり」したものよりも「こってり」したものにつけて、味をさらに濃厚にして食べる方が多いかもしれません。

ぜひ普段の食卓で試してみてくださいね。

ABOUT ME
jakameshi
ジャカルタ飯の主宰です。ジャカルタ在住で奥さんはインドネシア人。生活・仕事・観光・ご飯・国際恋愛…。守備範囲は広いです。最近はYoutubeチャンネル(ジャカメシちゃんねる)も始めました。ぜひチャンネル登録お願いします。