イベント

執筆者: jakameshi

現地で楽しもう!アジア大会2018(Asian Games)の日程・期間・チケットの買い方など全部まとめ!

2018/08/26

ワールドカップの日本代表熱戦の熱も冷めやらぬ2018年ですが、今年はインドネシアでアジア大会(Asian Games)2018が開催されます。

当方はインドネシアのジャカルタ在住。見に行きたいと情報を探してみたら、あまりまとまった情報がありません。

ということでアジア大会の基本的な情報からチケットの買い方まで、わかる範囲で情報をまとめていきます。

ちなみに日本とは違いインドネシアは情報が事前に余裕をもって全部確定するということはほぼありません

直前でバタバタ変わったり最終確定する情報も多いでしょう。

本記事も「随時執筆中」という扱いで「わかった範囲から埋めていく」感じで書いていきます。ご留意ください。

 

会場へ入る際のオペレーション(あくまで体験談)もこちらでまとめています。

参考 アジア大会2018の会場へ入るための手順、ゲロラブンカルノ編(体験談)

アジア大会の基本的な情報

何も知らないより基本知識があったほうが何事も楽しめるはず。まずはアジア大会そのものについてです。

「アジア大会」と日本語では呼ばれますが、正式名称はアジア競技大会で英語表記はAsian Gamesと書きます。

なんと「オリンピック評議会」が主催しています。一言にすると「アジア版オリンピック」のような大会ですね。

 

実はかなり歴史があり、前身となる大会は100年前に開催。正式なアジア大会は戦後の1951年にインドのデリーで開催されました。

インドネシアは1962年に第4回開催国になっており、今年2018年(※)の第18回で開催国となるのは2回目です。

※本来2019年開催でしたが、大統領選を理由に1年前倒しで開催。

ちなみに第18回開催国はもともとベトナムの予定でしたが、財政難が理由でインドネシアへ変更となったそうです。

 

すごいぞWikipedia。詳しくはこちら。

参考 アジア競技大会(Wikipedia)

 

アジア大会2018インドネシア大会概要

2018年のアジア大会は8月18日~9月2日の期間、インドネシアのジャカルタとパレンバンの2都市で開催されます。

 

基本情報

正式名称 第18回アジア競技大会 ジャカルタ・パレンバン
開催期間 2018年 8月18日(土)~9月2日(日)の約2週間
開催 インドネシア共和国 ジャカルタ・パレンバンの2都市
競技数 40競技 462種目
参加国数 45の国と地域

 

開催競技

開催競技一覧と説明ページ(英語)をまとめています。

競技名をクリックするとルールブックなどのリンクに繋がっており、各国代表の選手名もリスト化されています。

 

また、何戦ジャカルタで何戦パレンバンでやるか等の詳細も下記のリンクから確認可能です!

開催会場別に競技をまとめたいところですが、情報が複雑極まりないので断念…。「動ける日程」をもとに「見たい競技」の開催情報を調べてスケジュールを立てるのがよいでしょう。

もちろん「見たい競技」を調べて「スケジュールを合わせる」のもありです。

【2018年8月16日追記】競技別スケジュールのページが消えてしまったようなので、新しくできたらしいスケジュールページのリンクを貼っておきます。
参考 スケジュールと結果ページ

 

ジャカルタ会場について

ジャカルタはいわずと知れたインドネシアの首都。都市圏人口は東京に次ぐ世界第2位の規模を誇ります。

ジャカルタの国際空港、スカルノハッタ国際空港には日本からの直行便も定期的に飛んでいます。

ジャカルタで中心となる会場は「ゲロラブンカルノ競技場(Gelora Bung Karno Stadium)」

スナヤンエリアというジャカルタの中心部に位置している大きな競技場です。

ゲロラブンカルノへは「トランスジャカルタと呼ばれる電車のようなバス」も出ていますが、開催期間中に機能するのか謎です…(ジャカルタはスーパー渋滞都市)。

また、競技によってはゲロラブンカルノ以外の場所で開催されるものもあります。

最終的にはチケットを見て場所を確認しておきましょう。

それにしても気になるのは開催期間中の交通状況。ジャカルタはただでさえ超渋滞都市なので交通網がパンクすることは容易に想像できます。

おそらく開催期間中はホテルからも特別チャーターバスなども用意されるかと思いますので、日本から来る方は事前に確認しておいてください。

ジャカルタ在住の方々は車やオジェックを使いこなしてたどり着きましょう(笑)

 

パレンバン会場について

パレンバンはスマトラ島に位置する都市です。

パレンバン最寄りのスルタン・ムハンマド・バダルディン2世国際空港には国際線も発着しますが、日本からの直行便はありません。パレンバンへ向かう場合はインドネシア国内線に乗り換える必要があります。

パレンバンの会場は「ジャカバリンスポーツシティー(Jakabaring Sport city)」と呼ばれる競技場。もともと2004年に建設されたそうですが、今回のアジア大会のためにかなりテコ入れされているようです。ちなみにキャパは4万人だそうです。

 

チケットの買い方

【2018年8月18日追記】

なんと開催直前になりチケットの購入方法に変更がありました。KIOSという公式チケット販売パートナーのシステムがパンク。

至急の代替案としてblibli.comというインドネシアのイーコマースサイトがシステムを提供することになりました。

KIOSが出店者としてblibliでチケットを販売するという謎の状況…。

参考 Asian Games: Blibli takes over ticket sales after glitch in KiosTix system

 

チケットはblibli.comのチケット販売ページから購入可能ですが、進めてみたところどうやら国外からは購入できなさそうです(インドネシア国外の住所登録ができない)。

参考 blibli.com アジア大会チケット公式販売ページ

 

インドネシアに住んでいる方はblibliから購入すればよいと思いますが、日本在住の方はこれまた公式チケットを取り扱うJTBさんに相談した方が賢明でしょう。

下記の店舗であれば日本語対応も可能なはずなので相談してみてください。

店舗名 Panorama JTB Wisma Keiai
住所 KAV 3-4 GEDUNG, Wisma KEIAI, Jalan Jenderal Sudirman, RT.10/RW.11, Karet Tengsin, RT.10/RW.11, Karet Tengsin, Central Jakarta City
営業時間 9:00-17:00
電話番号 +62 812-1913-2105
Web https://www.panorama-jtb.com/lokasi-dan-cabang

 

【2018年8月25日追記】

読者の方から体験談をメールいただいたので添付しておきます。

<以下メールより抜粋>

アジア大会のチケット購入体験です。

私は8月19日から21日の3日間、競技を見てきました。

最初は事前に購入しようと頑張ったのですが取引不成立。

つぎは現地コンビニで購入しようとしましたがシステムがうまく動かなかったようです。

ホテルのボーイさんに話をしたら、現地で買えるはずだと聞いたのでGBKへGO。

当日分しか買えませんがGATE2,3,4あたりのチケットボックスに並び購入することができました。

なのでおすすめの購入方法は当日観戦する種目の会場を確認(必ず最新データを確認すべき)し、8時にその会場のチケットボックスに並んで購入するのが確実と思います。

チケットボックスは事前登録と予約登録なしに分かれている場合があるので、ボランティアに聞きまくってから並ぶといいと思います。若いオレンジシャツのスタッフは英語が話せるようなので、どんどん聞きまくってください。

【2018年8月26日追記】

こちらも情報提供いただいた話ですが、Eチケットの購入→チケットメール送付までの段取りがだいぶタイムリーになってきたそうです(筆者は開催前に購入したが1週間くらいしてからメールが来た)。

また、開催当日でもチケットが余っていればオンラインで購入可能になったのだとか。

となると前夜や当日でもオンラインでチケットを購入してから現場に向かった方が安全かもしれませんね。

チケットは基本的にインドネシアの公式ページから購入します。

参考 Asian Game 2018 official page

 

チケットを買うには公式ホームページのこちらをクリックしてください。

【2018年8月16日追記】チケット購入システムが非常に不安定で表示されない場合があります。ご留意ください。というか表示されない…落ちてる…。どうなってるんでしょうか?

参考 チケット販売ページ

 

ホームページはデフォルトでインドネシア語になっていますが、右上の「BAHASA(=言語)」という部分をクリックすれば英語に変換が可能です(でもチケット購入ページはインドネシア語になるっぽい)。

競技ごとにチケットはバラ売りになっていますので、自分の興味のある種目をクリックしてご確認ください。

例えば、オープニングセレモニーのチケットページはこんな感じです。

アジア大会チケット説明画面

公式ホームページからのキャプション

右上のボックス記載内容が日付と競技開催場所

日付と場所

上から

  • 競技名称
  • 場所 (同じジャカルタのゲロラブンカルノ内でもいくつか競技場所があるので要注意!)
  • 日付

の三つですね。

ここでは時間の記載が無いのが少々気になりますが、それは後々アップデートされると信じましょう(笑)

 

続いて、大事な値段とチケット情報

チケットの値段情報

  • Harga / Section → 値段とセクション
  • Kuantitas → 数量
  • Subtotal → 小計

です。

 

競技の種類によってチケットの値段やセクションの種類は変わります。

今回参考として見てみた開会式の場合はA, B, Cとランクが異なり、ここから欲しいチケットの数を入力します。

 

今回はそのままCで一枚買った場合で進めてみます。

支払いの前に、決済専用のアカウントを作らなければなりません。

決済アカウント登録画面

言葉を補足すると

  • Kata Sandi → パスワード
  • Ingatkan Saya → (ログイン情報を)保存する
  • Masuk → ログイン
  • Daftar → 登録
  • Lupa Kata Sandi → パスワードを忘れた場合

登録(Daftar)するためにはいくつかの情報入力が必要です。

登録情報

言葉を少し補足します。

  • Nama Panjang → フルネーム
  • Sesuai Passport → パスポートと同じ名前にしてね、ということです
  • Tanggal Lahir → 生年月日
  • Ulangi → 繰り返し

Facebookアカウントをお持ちの方は、ワンクリックで登録可能なのでお勧めです。

 

支払い方法(Metode Pembayaran)はいくつか選択肢があります。

支払い方法選択画面

クレジットカードが簡単ですが、コンビニ支払い等も出来るので是非試してみてください。

 

サッカーのチケットも発売されていますが、試合の組み合わせがまだ発表されていないのでいつが日本戦なのかまだわからない状況です…。これは様子を見守るしかないですね。

 

筆者が確認したところでは、最高金額はオープニングセレモニーの500万ルピア。

その他の競技では、例えばインドネシアの国民的競技のバドミントン・シングル一回戦が10万ルピアから見れたり、と意外にリーズナブルな価格で観れます。なんとバスケットボールであれば初戦に限り75.000ルピアで観れちゃいます。

運動へのモチベーションが無くなってしまうジャカルタ生活ですが、プロの対戦を目の前で見て刺激を受けるのも良い経験かもしれませんね。

 

ちなみにJTB(インドネシアではPanorama JTB)さんで日本向けのチケットを取り扱っているとのこと。ネット上では販売されないそうなので、Panorama JTBの店頭にてご確認ください。

SudirmanエリアのWisma Keiai店では日本語での対応が可能とのことです。

 

 

まとめ

東京オリンピックも目前ですが、アジアのオリンピックのアジア大会もなかなか面白そうですね。

インドネシア在住者はもちろん、日本在住の方も楽しめそうです。

今後追加情報があれば随時書き足していきます。

 

会場へ入る際のオペレーション(あくまで体験談)もこちらでまとめています。

参考 アジア大会2018の会場へ入るための手順、ゲロラブンカルノ編(体験談)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スマホ用広告スペース

スマホ用広告案内

Adsense

こんな記事も読まれています!

-イベント