日記・雑談 ブログマーケティング

執筆者: jakameshi

新年なので昨年のブログ運営を通じて得たメリット・デメリットを振り返った

2018/02/01

2017年となりました。新年あけましておめでとうございます。

2016年末の年越しは日本で過ごしてます。だらだらと実家で過ごしつつ、毎日スーパー銭湯に行くという日本人として生まれたことの幸せを享受しています。

筆者の地元は北国です。露店風呂で頭は零下15℃に晒し(マイナス15℃!)、首から下は40℃度の温泉の中、という南国では味わえない贅沢を味わっております!日本の銭湯最高!

さて本題です。

新年第一本目のテーマについて熟考した結果、ブログ自体についての振り返りを書きます。

このブログのまさに最初の記事をアップしたのが2016年の1月2日でした。その日からちょうど一年でよいタイミングなのです。

普段このブログを読んでいただいている方々にはあまり関係ないかもしれませんが、お時間あればお付き合いください。

ブログとかやってみたい!という方には参考になるかもしれません。

結論だけ知りたい方はこちらからどうぞ。

 

そもそもなぜこのブログを始めたのか

昨年から書き始めたので振り返りはここから始まります。

端的にまとめると、最初は「自己表現」です。その後は「お小遣い稼ぎ」も少し混ざりました。

筆者は小心者にも関わらず、人前に出て話すのが好きという相反する面を持っています。

日本にいたときから個人的にブログをダラ~っと書いており、時には人様への役立ち情報を、時には自分の学び整理としての書評を、時には精神の状況を調整するための発散型記事を(愚痴ですね)書いていました。

会社員をやめて独立・ジャカルタへ移住してからは会社の公式メディアとしてブログを継続。さらには本名での寄稿も行っています。

ところが、そうなると書きたいことが書けなくなります

他メディアへの寄稿は受託業務なので書きたいことを書けないのは当たり前ですが、会社の公式ブログでも「運営する目的」や「読んでほしい人」が設定されるため自由はなくなります。

そうなると溜まるんですね、自分の中に沸々としたものが。

海外で生活しているものですから、生活や仕事を通じて「特殊な知識」も付きますし、「一言いってやりたいこと」も出てきます(後者は稀ですが)。時には「くだらないこと」を書きたい日もあります。

こうした背景から「匿名でブログをやろう」と考えたのが2015年の末、開設したのが2016年の元旦でした。

 

まずはニッチなレストラン情報で

ただ、匿名でやるからにはブログを知人に宣伝することもできません。メディア宣伝にはSNSは重要なので頭が痛いところでした。

また、自分が何者なのかも細かく記載するわけにもいきません。

そうなると「よくわからんがジャカルタに住んでいるらしいオッサンが書いているブログ」となります。

誰も知らないオッサンいきなりオンライン上でくどくどと「インドネシアはね……」とか難しい話をしたって誰も見ないですよねw(経歴が書いてあれば別ですよ!)

どんなにいいことを書いたって、読んでもらえなければそのメディアは存在していないのと同義。そうなると「書きたいこと」と「書けること」、そして「求められてそうなこと」の真ん中を取らねばなりません。

そこで選んだのが「ローカル生活に根差した、日本人でも美味しくいただけるレストラン情報」でした。

当時(今もですが)現地の駐在員コミュニティってけっこう断絶されていて、各自が情報を持っているのに共有されないという問題意識を常々感じていました。

また、日本人駐在員が行くお店というのは「高いレストラン」に限られています。一方で駐在員と言えども家族を守りながら働く人も多いわけで、「お財布の中身」も意外と限られています

バラバラっとした「体験したレストラン紹介」じゃなく、「一つテーマを持ったレストラン紹介」ならまとめる価値はありそうだ、と考えたのです。

 

どうせだったら目標を

過去のブログ経験から、ダラダラやっても続かないことを感じていました。

「年始のタイミングでやるんだから、本気でやってみよう!」ということで、Web上の情報だけですがブログ運営にまつわる記事を読み漁りました。

その中で知った情報が、「ブログからお小遣い程度を得ている人たちが”けっこう”いる」ということです。

どうせやるなら小遣い程度でももらえれば続けるモチベーションも湧くだろう、ということで「小遣いも稼ぐ」という動機も混ざります。

細かい話はしませんが、ブログで小遣いを稼ぐために先人達が提唱していたのが下記2点。

  1. 副収入も狙うなら「無料ブログ」じゃなく「独自ブログ」にすべし(初期投資かかる)
  2. 3ヵ月で100記事がスタートライン

ハードル高っ!!と思いましたよねw

目標が高いのは良いことですが、仕事でも目標が高すぎると人は挫折してしまいます。ということで、

  • まずは無料ブログで半年続ける
  • 記事の投稿頻度は週一(くらいになればいいなぁ)
  • 半年続いたら投資含めて今後を考える

という、なんとも「ふにゃ~~」っとした目標で始めたのです。最初はまず進むことが大事!

 

半年経過、初期投資もして本格的に

そんなこんなで無料ブログで、それこそインドネシア風に語るのであれば「ソフトオープニング」をします。

最初の一ヶ月はペースを上げて10記事書きましたが、ほとんど人は来ず。おかげさまで翌月に一気に記事投稿数が下がりました。

このままだといかん、と思い「ブログランキング」に参加。今思えばここが一つめのターニングポイントでした。

この辺の話は過去にまとめています。

祝インドネシアブログ村ランキング1位!ランキング効果と、ランキングアップの道のりを振り返る

そして半年待たずに6ヶ月目、お金をかけて(※)URLを用意し、レンタルサーバーを借り、知らないながらもWORD PRESSというツールでブログを構築し、本格的な運用に至りました。

※年間で6,000円程度です。今思えば、ビンタンビールを週に1本我慢すれば余裕でねん出できますよね……小さい男ですね…。

 

お金を投じてやる気も倍増

たいした金額ではないですが、実際にお金を使ったことにより「せめて原価回収!」というものすごく具体的な目標も立ちました。当然やる気も倍増です。

ここでも細かい話は省略しますが、当時は検索経由でのPV(ページビュー=ページを読まれた数)を増やす必要がありました。

ほとんどの読者が「ブログランキング」から来ていたので、安定して読んでいただけるものの人数は頭打ちな感があったのです。

また、レストラン情報だけだと財布が持たない、という悲しい事情もありました(実際、取材に行けなくて紹介できていない店がけっこうあります)。

そのため話題の幅を増やすことにし、「駐在員や現地生活者向けの便利情報」や「仕事に関する考え方」なども織り交ぜるようにしました。

長くなりましたがこのような経緯があり、現在の「ジャカルタ飯」があります。

現在では大きく下記3種の読者の方々がいて、それぞれに向けた情報を発信しています。

  • インドネシアで生活する日本人の方々→レストラン情報や、生活の中の小話
  • ジャカルタに出張、旅行する予定のある方々→出張や旅のTIPS、短時間でできるアクティビティ
  • ジャカルタに駐在が決まった方々→現地生活のイメージが湧くような情報

無料ブログから通算すると1年。お金を投じて独自ドメインで運営してからは7ヶ月。

昨年12月末時点で月間25,000 PV。

おかげさまでランニングでかかる運営費も回収できています(レストラン取材費は微妙なところですが)。

 

海外在住ブログを通じて感じたメリット

紆余曲折を経て1年続けてきたブログ。大変なこともありましたが、やったことによって得られたものもあります。

海外在住者が海外在住ブログをやってみるメリットを書きだしています。

 

情報の強化と整理ができる

記事をアウトプットするためには、インプットが必要です。簡単に言うとネタです。

そうなると人間アンテナを張るようになります。

普段何気なく過ごしているジャカルタ生活を客観的に眺め、気になることがあれば調べるようになります。

また、記事にする際は自分の頭の中できちんと整理できないと書くことができません。

文化や風習にしろ、制度にしろ、自分の意見にしろ、この整理するプロセスは非常に良いことだと思っています。

ふわーっとした知識を強化して整理することで、実際に人と対面で話す際の肥やしになっています。

 

新しいスキル(分析・執筆・ウェブスキル)を得られる

しばらくブログを続けていると、絶対的に読まれる記事と読まれない記事、ある人にだけ読まれる記事、などが見えてきます。そして試しに書いてみると反応があったりなかったり。

このようにオンラインデータと向き合って分析する経験は他業務でも役に立つかもしれません。

また、文章を書き続けることで書くこと自体にも慣れてきますし、文章も洗練されてきます。今見てみれば、一年前の文章のなんと荒いことか…。

そして自分でブログを設営したことによりHTMLやCSS、SEOなどの知識が最低限つきます。

「プログラミングを教育の必須科目とするべきだ」という議論に象徴されるように、オンラインで何かをする知識というのはこれからの時代ますます重要になります。

PHPなどプログラミングのレベルまで行くとお手上げですが、少なくともインターネットで何かを作る時の「雰囲気」は理解できました。

また、何かをオンラインで発信する能力を向上することは今後筆者のプライベートでも多いに役立ってくれるでしょう。

 

ビール代程度にはなる

最初の記事を書き始めてから1年。日々のビンタンビール程度にはなっているかもしれません(ちなみに筆者は毎日は飲まないのでそこまでの量ではありません)。

これが目的や動機として主になるほどのものではありませんが、ないよりはあった方が良いですよね。

筆者の場合はあまりガツガツと収益化を進めていませんが、他の方々から学ぶ過程でブログで結構な副収入を得ていそうな海外在住者のブログもありました。

やり方次第では主目的となるほどの可能性があるのでしょう。

 

海外在住ブログを通じて感じたデメリット

メリットがあればもちろんデメリットもあります。この一年のブログ運営が筆者に与えたデメリットです。

 

発言に気を使う

匿名で運営しているという前提の元に起こる話ですが、発言に気を使うようになりました。

オンライン上で発信する内容について、というよりもオンラインとオフラインでのバランスのとり方に気を使います。

当ブログは「ジャカルタ飯」だけにジャカルタ在住の読者が多いです(いつも読んでいただきありがとうございます)。

インドネシアには正式に登録されているだけで2万人の日本人しかおらず、その多くはジャカルタにいます。そうなると友人知人の中にも読んでくれる人が出てきます。

数は多くはありませんが、「この間ジャカルタ飯さんのブログで読んだんですけど…私はこう思う」という方もいました(しかも取引先)。

筆者がプライベートで普段話している内容と齟齬はほとんどありませんが、だからこそバレないようにJakameshiさんとプライベートの●●さんを切り分けなければならないこともありました。

また、「週末何しているのか?」という質問が一番困ります。

「仕事が無い時はブログのネタ探したり、記事書いたりしていますよー」と言いたいのですが、なんとも言えず。

「ゴルフもしないし●●さん、引きこもりなのかな?」と思われている可能性大です。

 

なんだかんだでけっこう時間を使った

筆者はゴルフをしませんが、ゴルフ好きの駐在員の方がゴルフに投じるくらいの時間は使っているかもしれません。

個人ブログですから記事ネタ出しからリサーチ、写真撮影、執筆まで全部自分でやります。

特に執筆は時間がかかり、1記事あたり平均して2時間はかかっています。文章だけであればもう少し早いのでしょうが、写真の加工など含むとこれくらいかかってしまいます。

また、独自ブログに移動したばかりの際は「知識ゼロ」から「手探り」でブログ構築をしていったため、思い出したくないくらい時間がかかりました(※)。

※現在はブログ構造自体をいじることはほとんどないので、この時間は要していません。

 

総じてメリットの方がでかい

メリットデメリットを挙げてみましたが、総じてブログ運営というのはメリットの方が大きいと感じています。

特に海外に住んでいるのであれば書ける話は多いでしょう。

もし筆者のように海外在住で何か始めてみたいという方がいれば「ブログ」を開始してみてはいかがでしょうか?

 

今年の目標!

最後に今年の目標を(唐突ですいません、今回は思いつくままに書いています…)。

プライベートの目標をここで公言しても意味がないのであくまでブログ系の目標を書きます。

目標があった方が張り合いが出ます。

 

ジャカルタ飯で月間10万PV

成長率4倍。

セオリーで行けば記事数を増やすのが王道なのでしょうが、「ジャカルタネタの場合は興味を持つ方の幅が限定的」だったり「筆者の時間も限定的」だったりするので物量作戦は取りません。

その代わりに話題の幅を広げていく予定です。

「ジャカルタ飯」ではありますが全然ジャカルタに関係ないことも書くかもしれません。

あくまでも外国に住んでいる日本人だから感じること、という縛りは設けたいと思います。

 

お小遣いアップ

ジャカルタ飯のPV目標を4倍にしたので、お小遣いも昨対比4倍。

シンプルです。

4倍あれば日々のビンタン代に加え、月に1~2回飲み会に行けます。

 

ジャカルタ旅をTOPレベルのジャカルタ観光メディアにする

昨年末、ジャカルタ観光に特化したサイトを一つ立ち上げました。

▶ジャカルタの観光旅行情報サイト ジャカルタ旅

何をもってTOPレベルかと言うと難しいのですが、「ジャカルタ観光」などで検索するとよく出てくる「某日系旅行代理店(若い方)のジャカルタに特化したサイト」をベンチマークすることにします。

名前出すといじめられそうなので、伏せておきます。この書き方であれば来年筆者は思い出せますので…。

半年ほど運営した結果、当サイト(ジャカルタ飯)に統合しました。

 

今年もよろしくお願いします

つらつらと今までの流れを振り返りながら、今年もブログを継続していく意思を固めました。

いつも読んでくださっている皆様には感謝の意を示しつつ、皆様と皆様の大切な方々の2017年が幸せにあふれた一年となるよう祈念いたします。

本年もどうぞよろしくお願いします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スマホ用広告スペース

スマホ用広告案内

Adsense

こんな記事も読まれています!

-日記・雑談, ブログマーケティング
-