日記・雑談

執筆者: jakameshi

インドネシア語習得に必要なたった1つのこと

2018/02/01

まったく応用できないのですが先日、言語学習について思うことがありました。

インドネシア語だけではなく語学全般に言えることです。と言ってもすぐに話せるようになる魔法とかそういう話ではありません。

スマランからの使者

先日スマランから日本人の友人がジャカルタに遊びにきてくれました。

スマランにはまともな居酒屋も無いということで、ジャカルタのお酒をたいそう楽しんでくれました。

彼の酔いぶりもすごかったのですが、それよりもすごかったのは彼のインドネシア語。

インドネシア語はもちろん、ジャワ語まで話せるのです。

居酒屋の後にはバーに行ったのですが、酔った挙句に店員と他の客に絡む絡む、インドネシア語で。

お店でついたアダ名がCina Java(ジャワ系中国人)。放っておくと日本人だとわからない、インドネシア華僑にしか見えないとのことでした。

 

地方では現地語を使えないと死ぬ

彼はインドネシア在住歴4年半。筆者より長いものの大差はありません。でも語学力は追いつけないほどの大差。

氏曰く、スマランには英語を話せる人もほとんどいない、仕事をするためにも生活するためにもどうしてもインドネシア語が必要だったとのことでした。

彼は大手企業で働いているのですが、冗談か本気か、1年経って話せないと戦力外通告で左遷ですよ、と。

その結果がインドネシア語とジャワ語のダブルマスター。見た目も完全にインドネシア華僑化していましたね。

 

語学習得に必要なのは必要性

少し前に、日本語ペラペラなインドネシア人から「あなたのインドネシア語が上達しないのならば、それはインドネシア語が必要無いということですよ」と言われました。

まさにコレだ。

必要な環境に追い込むことが語学習得の最短距離。

人間はコミュニケーションの生き物。生存競争に必要な社会性を担保する"言語"については独自の脳部位も持っています。なので、学び方は脳が知っている。

勉強の効率性なんて関係無いのでしょう。

追い込まれればやる。

日本人が100人強しかいない(らしいです)、英語を話せるインドネシア人もほとんどいない都市(スマランね)に住めば語学は死活問題です。

 

死活問題になっていない

筆者は英語は短期間で話せるようになりました。効率的な学習法で教わったということもありますが、何よりも海外に飛び出す計画があったので死活問題だったのでしょう。

ジャカルタではやっぱり英語に甘えてしまう。インドネシアって大卒レベルだと、日本の大卒と比較にならないくらいみんな英語を使えるから。外国人でインドネシア語が流暢でなくとも死なないんです。

不便はあるしフラストレーションもありますが死にはしない。これが地方都市に行くと、たぶん死ぬ、のかもしれませんね。

極論、地方に住めば話せるようになるのかも?

でも環境は変え難い強い。変えられるとしたら意識だろうなあ。目的意識ですね(自分に言い聞かせ)。

強烈な必要性があり、具体的な目的となり、そこに向かって能動的に学習する。英語ではこれができたんだけどなぁ。あの時に比べて何もかもが全然足りていないのでしょう。

と、ツラツラ書きましたが結局は自分自身にハッパをかけているのでした。

スマランに幸あれ!

余談ですが、氏曰くスマランは小粋なお店が無いから飲食店はブルーオーシャンとのことです。

ジャカルタの飲食関係者の皆さん、スマラン進出はどうでしょう?

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スマホ用広告スペース

スマホ用広告案内

Adsense

こんな記事も読まれています!

-日記・雑談